村田沙耶香さんの授乳を読み終わった。


授乳 (講談社文庫)


3つの短編集からなる。タイトルの授乳は一つ目の話のタイトルでもある。

どれも共依存や他人を通じて自己がどういう人間であるか客観的にみる(知る)というのが根柢のテーマにあると思う。その上で、結果拒絶したり、あるいはさらに先に進む(進むという書き方が適切かどうかはなんとも言えないところだけど)というような感じ。自己を観察するという点に重きが置かれているということもあってか、いろんな場面の描写がくどいぐらい細かい。この辺りはとにかくくどくて細かいので必要性に疑問が生じたのと若干胃もたれした感はある。

どれも主人公は女学生なので、女性が読めばなにか特有の感想が生まれたりするのかもしれないけれども生憎オッサンなのでその辺りはわからない。今まで村田沙耶香さんの本はいくつか読んでいるが、思い返せば読んだ範囲の作品の主人公は全員女性だった気がする…

全体的に満足したので残りの作品も順番に読んでいきたい。