ちょっと前に観たロシュフォールの恋人たちが思った以上に良かった上に音楽が耳に残ってしまったので、うっかりサウンドトラックを購入してしまった。今日はずっと流しながら仕事していた。


ロシュフォールの恋人たち リマスター完全版


自分は基本的にストリーミングサービスは使わないので、普段は音楽ダウンロード購入サービスを使用している。しかし、そういったサービスで購入できるところが見当たらなかったのでCDを買った。

通常版もあった(上がリマスター完全版で下が通常版)が、自分は上のリマスター完全版の方を買った。


ロシュフォールの恋人たち


また、リマスター完全版にも限定生産盤とそうでないのがあって、限定生産盤の方が何故か安かったがprimeじゃなかったのでやめた。Amazonのページには曲目が書かれてないけど、完全版の方はメドレーとかアレンジ版などを含んでいるみたいで通常版に比べて収録曲も多いっぽい。

映像から音だけ抜き出したのか、セリフが入ってるのは正直賛否がわかれる部分ではある気がする。音楽にセリフのせてる部分はそれはそれで曲の一部なのでわかるけど、それ以外の合間のセリフが入ってるのはどうにかできなかったのかと思わなくもない…

映画をみている時も思ったけども、やはり古いだけあってか録音の状態とか音の調整されてないんだろうなぁ。と思う。正直音質とかに関してはここ最近録音されてるオリジナルじゃないやつの方が断然良かったりするんだけど、それでもそういうところがいい意味での古臭さを醸し出していて、今のものだと味わえない良さがあったりする。