引っ越しするという決意をした(ただしまだ物件は決まっていない)ので、先行してゴミを捨てようと思った。ベランダに園芸用の土とかがあって、こういうのは普通のゴミで出せないので不用品回収業者を呼んだ。

ついでにいろいろ捨ててもらおうと思って「あれとこれとあれもお願いします」などといろいろ廃棄をお願いすると「持っていくものが増えると品に応じて処分先まで運送しないといけないので普通に捨ててもらった方が安い」と言っていただいた。

それを差し引いてもお願いしたところはちょっと価格が高いのかもしれない。というのも探せば軽トラ一杯分をもっと安い価格で回収してくれる業者もある。けど、そういった業者はちゃんと廃棄の認定みたいなのを取得しているのかどうかわからないところが多い印象。なので、多少高くついても自分で処分できないものはちゃんとした業者に処分してもらうことにした。代わりに自分で処分できそうなものは毎日ちょっとづつ捨てるキャンペーンを始めた。

なべ、やかん、使い終わったライター、靴などなど、いままで捨て辛かったやつを毎日少しづつ捨てていっている。前から疑問で、今でも疑問なのが大阪市のゴミ分別基準に不燃物は存在しないのかという点。分別のページを確認しても不燃物は普通ごみとかいうザックリした分類しかされてない問題。今日は延長コード(テーブルタップ)を恐る恐る普通ごみで出した。