FILCOのMajestouch Stingrayというキーボードを使っているのですが、浸水(煮物の汁をこぼした)してしまいました。

こぼしたといっても派手にこぼしたわけではなく、大根を落とした時に飛び散った汁が掛かったという感じです。派手に掛かったわけでもなかったのでそのままほっておいたのですが、しばらくするとCtrlキーが押下され続けるという現象が発生し、使い物にならなくなってしまいました。


FILCO Majestouch Stingray〔スティングレイ〕 87英語配列 CHERRY MX Low Pro Red SW FKBS87XMRL/EB


さて、困った。困ったというのは日本語配列の外付けキーボードは(過去のデスクトップ購入付属品のものが)いくつかあるのですが、こいつは英字キーボードで英字キーボードはもう一台しか持っていませんでした。それが下記の青軸のメカニカルキーボードです。下記のものも使いやすいのですが、かなりカチャカチャとうるさいのでリモートワークでマイクに音が入りやすいという問題がありました。


Mechanical Keyboard HAVIT Backlit Wired Gaming Keyboard Extra-Thin & Light, Kailh Latest Low Profile Blue Switches, 87 Keys N-Key Rollover (Black) 141[並行輸入]


どうしようか、買い直そうか…などと考えていたのですが、調べたところメーカーに修理を出すと高くても5000円くらいで済みそうなことがわかったので修理に出してみることにしました。

Amazonで購入したため保証書が付いておらず、保証書が付いていない場合は代わりに購入明細をつける必要がありました。Amazonの購入明細は商品ごとに出力できない(??)ため、一緒に購入した「歯間フロス」とかも明細に出力されてしまい恥ずかしかったです。

修理は2週間くらい掛かる旨が書いてあるのですが、送付した日を含めて4日くらいで返ってきました。また、故障原因は浸水ではなく(浸水の影響はなかったとのこと)キーボードの軸が破損していた。とのことで、保証期間内の通常修理扱い(購入から5か月程度だった)となり送料以外の費用がかかりませんでした。自分の落ち度で壊したと思っていたのできちんと支払うつもりだったということもありますし、本当に浸水の影響なしで軸が破損したのか??軸破損のタイミングが良すぎないか??などと、なんかモヤモヤというか腑に落ちないのですが、早急に対応して頂いたので大満足です。

また、もともとキーボードの使い心地も大満足なので、今後も末永く使っていければと思ってます。

おわり。