サイトからGoogle Adsenseを削除しました。少し前の記事でなんとなくそんな雰囲気が醸し出されていたのですが、実行にうつしたという感じです。

ターゲティング広告の凄さ

遡ること2ヶ月ほど前にGoogle Analitics (Adsenseじゃないですよ)を削除した。というのがあります。これによりターゲティング広告が表示されなくなるであろうというのは予想していたのですが、思った以上に収益に影響がありました。広告数を減らしたものと、Analiticsの削除をあわせて収益は10分の1 ~ 20分の1以下くらいまで下がりました。

自分自身はほとんどWeb広告をクリックしません。クリックするとしても普段自分が(意識下で)気になっているものでない広告をクリックることがほとんどでした。自分の意識下での興味関心に関する広告をクリックするということはほとんど無いと思います。ですので、ターゲティング広告がそこまで効果があるものとは全く思っていませんでした。(とはいえ、実際は無意識の影響を受けて、つまりターゲティング広告の影響を受けてクリックしていると思いますが)

実際にこんなに変わるのかというので一つ勉強になりました。

表示される広告

Analiticsを削除してからは無関係な広告が表示されるようになっていました。中には呪術の広告といったものもあったりしました。どこまで(どういったジャンル)の広告を表示するかはサイトオーナの裁量で決定できます。もともと、Adsense導入時点からきわどい内容の広告(エロ・ギャンブルなど)は外していたのですが、まさか呪術が表示されるとは…。

個人的にこういう類の広告はいろんな意味でどうなのかなぁと思っています。それもAdsense削除の理由の一つです。Analiticsを外すことで訪問者が意図せず不適切な広告を目にするのは良くないという考えです。

しかし、呪術の広告もあるとは世の中いろんな需要があるんだなぁと思いました。

そもそもWebの広告が好きではない

Web広告を生業としている人には大変申し訳ないんですが、そもそも私はWeb広告が好きではないです。好きではないですが、ある程度収益がでていたので載せていたという側面があります。こういう筋が通らない自己矛盾的なことは好きではなく正直かなりモヤモヤしたまま載せていました。

まとめ


全てを捨てていく。おわり。