一つ前の月報でも少し触れたのですが、Node 14でHexoが動かないという問題が発生しました。

これらは早急に修正はされたのですが、肝心のHexo本体は既に次期メジャーバージョン5.0.0に向けたBreaking Changeを複数マージしている状態でした。

加えて、少し前のニュースにも書いてある通り回避策は存在する(要パッケージ更新)ということもあって、hotfixを出す予定はありませんでした。個人的にもこのブログはmasterブランチを使って書いているので別段問題なく、hotfixを出さないという方針には当初賛成でした。

ところが、hotfixを出してくれというコメントが上がってきたり、同じようなIssueが起票される[1]ということと、5.0.0までまだリリースに時間がかかりそうという理由から出した方がいいんじゃね??というコメントをして4.2.0をベースにした4.2.1を出す方向で調整しました。

現状アクティブなメンテナのうちnpmに公開できる権限を持っているのが私を含めて2名しかおらず、そもそも言い出した手前やらねばアカンやろと思ったので作業しました。

リリースしたのは下記の通り。手元のNode 14.2.0で動作確認済みです。(もちろんCIでも8.x ~ 14.x で問題ないのは確認している)

その過程でHexo本体が依存しているhexo-utilhexo-fsの古いバージョンをリリースする必要があったりして、かなり冷や冷やしました。(古いバージョンのnpmパッケージを公開する方法は一つ前の記事に書いてます

ひさびさにちゃんとOSS活動した気がします。おわり。


  1. 頼む起票する前に検索してお願い!!! ↩︎