少しつまってしまって想定していたほどの進捗が出なかった。

つくってるやつ


status.yoshinorin.io

前回まで


追加・変更したところ


コミットグラフ(Stack)の色の修正

前回作成した圧が強いと絶賛大不評だった赤色が目立ちすぎるグラフの色を修正した。

とりあえず、一番多いブログに基調色の紫を割り当てるようにした。加えて少し薄めに見せるためにopacityを指定している。

全ドメインの表示

全ドメインを表示するようにした。加えてリンクも表示するようにした。

悩んでいるところ・つまっているところ


DNSレコードの表示

DNSレコード周りの情報を表示したいと思っている。JSONには既にDNSレコードの情報を含めるようにしている。これはNode.js の dns.resolveAnyを使って作成している。が、これらをどこに表示させるかで悩んでいる。

順当に考えると、先に記述した各ドメインのカードあたりに表示させることになりそうだけど、マウスオーバーで表示させるのか、モーダルで表示させるのか…。などの要するに見せ方で悩んでいる。既にセカンドレベルドメインのWhois相当の情報をドロップダウンで表示するということをやっているので、その部分と統一したいけど2カラム以内に表示できる量などを考慮するとドロップダウンだと厳しそう。ということもあってどうしたものかという感じ。

ロケーションの表示

各サーバのIPから地図にサーバの位置を表示するというようなこともやってみようかと思っている。が、2つほど悩ましい問題にあたっている。

まず、1点目がEChartsのデフォルトのJSには地図情報がバンドルされていないということ。これに気付くまでに結構な時間を割いてしまった。詳細は別途書こうと思うけども、要するに追加でJSを参照しなければならない。困ったことに、この地図情報のJSはどのCDNからも配信されていないので、どうやって配信するかという悩ましい問題に当たっている。

2点目が、地図情報向けに生成したJSONが上手くパースできないという問題。各サーバのIPからロケーションの情報を生成するのはipgeolocationというサービスを使うことにした。このサービスを利用して週1回の間隔で全てのサーバのロケーション情報を含んだJSONを生成するようにしたが、どうもJSONのどこかがおかしい(のか生成時に余計な処理を加えてしまっている)のかJSONが上手くパースできずに例外が発生してしまう。JSONを読むだけで原因は特定できるんだけどもやる気がなくなってしまったのでとりあえず棚上げした。

ちなみに表示できたとしても配信元のサーバは日本(東京)かアメリカ(のCloudFrontが配置してあるところ)なので地図上はかなり偏りがあって面白くない地図になりそう。

感想


本当はロケーションの表示まで終わらせるつもりだったのだけれども、そこまではいかなかった。来週中にロケーションの表示までやってしまいたいけれども、別件で学習リソースを割かないといけない案件が発生しそうなので当面の間は進捗が滞るかもしれない。