Hexoはよく記事の生成が遅いとか言われることがあるのですが、先日メンテナのSukkaWさんがSpeed is the Key - How We Make Hexo 30% Fasterという記事を書いてくださったので少し言及しておこうと思いました。

この記事では現在の4.23.2の時に比べて30%速くなったということについて記述してあります。詳細の比較は前述の記事を参考にしてもらえればと思います。

実際のところ体感として確かに速くなっています。正確に測っていたというわけではないですし、PCの他のプロセスとの兼ね合いもあるので一概には言えないのですが、CPU core-i78550U / メモリ16GBのマシンで生成前にキャッシュdb.jsonは削除する(記事以内ではコールドジェネレーションといわれている)方法で生成を行った場合に、以前は約500記事で2分くらいかかっていたところが、現在は約650記事で1分~1分20秒程度で生成できています。もちろんこれらはプラグインの有無やテーマなどの実装に応じて変わってくるので一概には言えないのですが…

最近はJavaScriptのクラス構文にリファクタしていくようなことも行っており、新しいメンテナの方に複数入っていただいてかなり活発に開発が進んでいます。最近は自分はほとんどなにもやってないですが…。

既にお話した通り本体はかなり改善を積み重ねていっているので、特に要件として手軽にSPAを実装する必要がない(念のため書いておくと、テーマの実装次第でSPAできますし、実際にそのようなテーマもあります)場合の静的サイトジェネレータの選択肢の一つとして有力ではないかとおもいます。