月をまたいでしまったものの、11月の月報を書く。

仕事について


ビッグな案件に目途がつきそうなのでよかった。やはりAWSよくわからないので厳しい。

その昔、入社時にC# + WPFで作成したアプリケーションがあるわけですが、それを使っているユーザの人に何の言語でできているのか?という質問を受けた。どうもプログラミングを学習しているらしい。C#もWPFも好きなんだけども、WPFの方は下火だと思うのでおススメしない旨は伝えておいた。

OSSについて


OSSに限らず基本オープンであるべきだと思ってるんですが、どこまでオープンにするかというのは難しいよなぁ。と思った。あと、手間な案件が発生してしまいメールでやりとりするなどした。

ソフトウェア開発について


いままでWindowsではSSHターミナルとしてPuttyを使っていたのですが、VSCodeのRemote-SSHを使い始めたのでそれに合わせてOpenSSHに乗り換えることにした。サンキューPutty。フォーエバー。

おひとり様ツイッターが完成したのはよかった。ただ、いまだにページネーションも実装されていないのでそろそろもう一度頑張らないといけない。

本棚が完成したのもよかった。ガシガシ読んでいきたい。

フォトギャラリー再構築の布石が整ったのは良かった。だるいけど頑張ってあげていきたい。

こうやって見ると今月は結構頑張ったような気もする。

ピアノ


時間が取れないのは明らかなので、効率を上げることができないかどうかと思い、体の使い方から学習している。結果がでてきているかどうかはよくわからない。

時間の使い方について


おおよそ帰宅してからは下記のような時間の使い方をしている。

  • 風呂: 30分
  • 食事(調理含む): 45~60分
  • ピアノの練習(本読むのも含む): 45~90分
  • Scalaの勉強: 60分

これらがだいたいほぼ毎日やっているもので、後はHexoのメンテナ業やブログ書いたり、読書とか、その他調べ物とかそういう感じのことを不定期でやっている。んで、最近思うのが、このほぼ毎日やっているルーチンの部分がいろんな意味で負荷が高い。自分は決まった時間に決まった予定が入っているという状況とか、○○を××までにやるというのが過密に組まれているのが嫌いで(過密スケジュールは好きな人の方が少ないと思うけど)明らかにオーバータスクなものの、しかし継続的にやらないといけないのは事実であって、そういうのがプレッシャーになってしまっていてなんとかできないかなぁ。と思うんですけど、なんともできないんですよ。要するに一日の中で仕事に割いている時間が大きすぎるんですね。これはそろそろ世界的になんとかしないとマジであかんとおもいますよ。

まとめ


仕事が厳しいので人生も厳しい。