1ヶ月くらい前に購入しました。買ってしばらく使ったので雑に感想を書くシリーズ。

動機


かねてより、こういった水でジャーっと流すオーラルケア用品があるのは知っていました。それは、4年くらい前に虫歯で歯医者に行ってから二度と歯医者に行きたくないと誓い、フロスを使い始めたときまで遡ります。フロスを使っている人はわかると思いますが、フロスは本当にめんどくさいですし、冬場などで乾燥して口の横が切れているときとかだとそもそも使うのが辛いです。これらがどうにかならないのか調べたときに、こういったケア用品があることを知りました。知ってからずっと気になっていたものの、フロスの代わりにはならないというのが定説で、そういったこともあって長らく購入にはいたりませんでした。

しかし、4年経って(おそらくほぼ)毎日使うのであれば、1万円くらいなら買ってみてもいいかな。というのと、本当にフロスの代わりにならないのかどうか、せめてフロスの頻度を下げるくらいにはならないのか、ということがどうしても気になってしかたなかったので購入するに至りました。


パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ 白 EW-DJ71-W


なお、いまAmazonのアフィリエイトリンクを張って気付きましたが、この「EW-DJ71」は既に生産終了していて後継の「EW-DJ72」がでています。マジか…しらなかった…

写真など


いちおう商品のレビューなので雑に写真を張りながら説明します。サイズはアイボンを2周りくらい大きくしたような感じで思ったほど大きくないです。

つくりも非常に単純で、この水を入れるボトルを…

背面に…

取り付けるだけです。

ウォッシャーの部分はマグネットで本体に取り付けるようになってますが、このマグネットが弱いので結構外れる。これはもうちょっとなんとかしてほしかった。

ノズルを挿す台もついてますが、一人で使う分にはいらないかなぁ。ネッシーみたいでかわいい。

洗い心地


水流は10段階で調節可能ですが、あてる部分によっては痛いので6で使ってます。

まず、期待していたフロスの代わりになるかどうかですが、これで丁寧に時間をかけて洗い流したとしても、フロスをするとやはりある程度汚れが取れるので、まあ、ある程度代わりにはなるけど完全にはならない。です。

また、これで口の中からドブのような臭いの水がでてくるという感想が多々見受けられます。私は数日に1回くらいフロスをしていますが、そんなことにはならないです。ならないですし、先に書いたようにドルツで丁寧に洗ってもその後フロスをすると汚れが取れるので、口の中からドブのような臭いのする水が出てくるといっている人はまず先にフロスをするべきでしょう。

ただ、フロスと違って歯周ポケットを洗うにはすごく良くて、これを使うと歯周ポケット周りは歯ブラシで丁寧に磨くよりも落ちます。落ちますが、私の歯茎が弱いのか場所によっては血が出ることもあります。

後は歯の裏側も洗うことができるので(本当に落ちているのかどうか確認することはできませんが)気持ち的にスッキリはします。


これも他のレビューでよく言われていることですが、音がうるさいです。レビューを見たときは本当にそんなにうるさいのか疑わしかったのですが、予想以上にうるさいです。試しにドルツを動かした状態で洗面所のドアを閉めて洗面所の外からどれくらい音が聞こえるか試してみましたが、予想以上にうるさいです。たぶん普通に共用廊下まで聴こえていると思います。流石に夜遅くに使うのは申し訳ないくらいの動作音です。

掃除用具として


この水流を使って掃除できないかどうかを思いついたのですが、これが思ったより便利でした。具体的には下記の3つで使ってます。

  • 髭剃りの刃の掃除
  • 洗面台周り
  • 風呂場

ドルツが来てからはドルツで髭剃りの刃を洗ってます。歯周ポケットの汚れの落ち具合からすると、たぶん髭剃りの刃のような細かいものでもキッチリと汚れが落ちている…とおもいます。たぶん…。

後は水周りの水垢を落とすのに重宝しています。特に、蛇口の根元や細かい溝のような隙間とこなど、なかなか洗い辛いところに最大水流で水を吹っ掛けて洗ってます。これは(隙間に限って言えば)綺麗に落ちます。同様に風呂場も洗い辛いところ(タイルの溝など)を洗うのに使ってます。ただ、電源コードが短いので延長コードで風呂場に持ち込んでます。危ないのでよい子はマネしないようにしましょう。

感想


歯周ポケットは全く期待していなかったのですが綺麗になるので満足してます。フロスも多少は頻度を減らせそうです。