関電の役員方があまりにどうしようもないとおもったので大阪ガスに変更することにしました。まだ切り替わっていないですが、とりあえず申し込みは済ませました。

お仕事をしていると致し方ない事情で、不本意ながらそうせざる負えない。というのはままあることなので、何事も実際の事情に関しては当の本人にしかわからない。と思っています。思っているので、最近は当事者でもない限りできるだけいろんな物事にたいして傍観を決め込むようにしてますし、基本的にできるだけ致し方なかった事情をお察ししたりして、まあ、そういうこともあるよな。とか心の中で考えるようにしています。おそらく、今回もそういうのはあるとは思うんですが、頑張ってお察ししてもどうしようもないレベルだと思ったので乗り換えることにしました。記者会見とか謝罪会見、ひいては印象って大事だなと思った。一回目のがもっとマシだったなら、ここまで問題にならなかったと思う。

私は基本的にユーザに不誠実なサービスとか会社には例え料金が安くて[1]もお金を払いたくないです。今回の件に関して言えば、ユーザの使用料金が金品の出もとになってるとか、そういうのは個人的にはわりとどうでもよいです。これが300兆円とかなら怒り狂うと思いますが、3億を契約者数で割ったところで一人頭の金額はたかが知れていると思うので、ようするにそういう問題です。組織体質がまっとうでないのが見て取れることが大きいです。まっとうではないところは、サービス[2]と会社そのものが信用できない[3]ので契約できないという感じです。一個人ができる範囲での、企業やサービスへの意思表示は利用しないだと思ってます。[4]
まあ、でも社会インフラは普段から、そして特に災害時とか大変だと思うし、そういうところを考えるとあんまり大きな声で怒りを主張できないという気持ちもある。

大阪ガス…にしたのは理由は単純で、契約先をまとめることができるのであればまとめたいというものです。何度か書いていますが、ポイントがどうこうとか割引がどうこうで、そのためにわざわざアカウントを作ったり契約したりするのは私はやりません。管理がめんどくさいからです。そこに対して脳のリソースを割くことができるほど器用ではないですし、気疲れするのも嫌です。もし、どこかの企業がありとあらゆるサービスを網羅していて、今利用している全てのサービスの契約がその1社だけで済むのであれば、躊躇なくその1社に全部ゆだねるぐらい管理したくないです。

これで、また管理するものが一つ減ったのできっかけとして良かったと思います。おわり。


  1. ちなみに関電は他社と比較して安いわけじゃない ↩︎

  2. もちろん組織体質だけじゃなくてサービスがまともじゃないとこもなるべく避けるようにしている ↩︎

  3. これはある種の潔癖に近いものだと思っている ↩︎

  4. インフラは関電だと思うので間接的にお金を払うことになるとは思いますが ↩︎