一ヶ月くらい前からスマホへの依存度を下げるというのをやってます。

きっかけ


私は世界でも睡眠時間が少ないといわれる日本人の中でも睡眠時間が少ないと思います。これの原因は明らかで布団に入ってから寝るまでが長いからです。そしてそれはスマートフォンを用いてネットサーフィンをするからだということはわかっていました。わかっていたのですが、この習慣をなかなかやめることができずにいました。(ちなみに正確にはガラケーの時からの習慣である)

しかしながら、スマホ(に限らないですが)ダラダラと目的なくネットサーフィンして得ることができる情報なんて基本的にプラスなものなど存在せず、むしろ怒りや悲しみといった負の方に感情が振ることが多く無駄でしかないというのと、睡眠時間が体力に及ぼす影響が(たぶん年齢のせいで)大きくなってきたのでやめることにしました。

対策


どうやってやめるかですが、次のようにしました。

  • 電話除く全通知をOFF
  • お休みモード(画面が灰色になるやつ)を設定
  • 不要なアプリを片っ端から削除
  • Playストアの過去履歴でインストールしたことあるものも片っ端から削除
  • ブラウザはChromeのみにし、それも基本的に無効にする

こんな感じです。一番大きかったのはAdBlockブラウザをアンインストールしたことです。昨今のWebサイトは広告のオンパレードで見るに堪えず、特にスマホの場合は画面に対する広告の比率(面積的意味で)が酷く、このブラウザを使用しない限りもうネットサーフィンなど不可能でした。このブラウザをアンインストールすることで、ネットサーフィンをする意欲がなくなるのではないかと思い試したところ、効果てきめんでした。加えてPlayストアのインストール履歴からも削除することで容易にインストールできないようにしました。さらにデフォルトでインストールされているChromeも基本無効にし、必要な時だけ有効にして使うようにしています。

また、Googleニュースアプリもついうっかり開いて延々ニュースを見てしまうので消しました。ニュースはどうせPCでみるので…。GoogleAnalyticsやGoogleAdsenseもアプリで閲覧していたのですが、これらも見るつもりはなくてもインストールしているだけでついつい見てしまうのでアンインストールしました。余談ですが、これを消し去ったことでほぼ完全にPVへの興味がなくなってしまったので、このサイトからAnalyticsを消したいのですが、その場合にAdsenseにどのような影響がでるのかわかっていないので二の足を踏んでいる状況です。その他、課金したアプリとか購入したアプリとかも含めて金額とかに関わらず、現時点で必要のないものはとにかく片っ端からアンインストールして、Playストアの履歴からも消しました。今残っているのはメール周り、お金回り、多要素認証用の認証関連、Kindleくらいでデフォルトでインストールされているもの以外はあらかた消し去りました。

本当はメールも消したかったのですが、こちらを消してしまうといろいろと支障がでるのでこらえました。

効果と感想


今のところは手持ち無沙汰になったらKindleで何か本を読むようにしています。ここ1ヶ月ほどはKindleを除けば一日にスマホを触っている時間は15分未満くらいでいい感じなのではないかと思います。ただ、これは日ごろから人間関係が希薄な人にしかできない技でもあります。

その昔はインターネットにつながらないプロジェクトルームで調べ物をしたくてスマホを購入したのですが、約10年近くたって逆向きの気持ちが芽生えるとは思いませんでした。私はミニマリストではないですが、以前は全く理解できなかったそういう人たちの気持ちが今は少し理解できるような気もしなくもないです。この方向はこの方向で危ういと思ってますが、当面こういう方向でやっていくんじゃないかと思います。

なんかもうここまでやりだすと半世捨て人のような気がしてきました。霞を食べて生きていけるようになりたいです。おわり。