ライセンスに関しては以前よりできるだけ気を使って調べるようにしていたのですが、難しい部分も多く、やはりちゃんと学習しておいた方がよいだろうということで購入しました。


OSSライセンスの教科書


最も期待していたのはライセンスそのものに対する解説だったのですが、量的には4分の1くらいで、それ以外はOSSを使うというのはどういったことなのかということから始まり、社内での監査組織的な部分や、OSSコミュニティの話のようなところまで幅広く扱っています。

著者の方のバックグラウンドが組み込みソフトウェアエンジニアなのでそちら方面の方にはありがたいのではないかと思いました。あるいはソフトウェアの製品出荷などを行う人も同様です。この辺り、確かに実際に製品出荷などに関係のあるソフトウェア開発を行っている人と、Webのみに完結している人では結構意識差がでてくるのではないかと思いました。なんかWeb系でそこまでライセンスの話ってでてこない気がするような気もしなくもないです。

話がそれてしまいますが、個人的にはソフトウェアエンジニアの人はこの辺や著作権周りは職業柄特に気を使わないといけないとは思うのですが、結構有名な人とかでも明らかにそれはどうなんですかね…というのが普通に行われてると個人的に思ってて(特にアイコンとか)どうなんですかね…注意を払った結果そうなったのは仕方ないと思うんですが、明らか回避できるものをしてない人が多いですよね。まあ、ソフトウェアエンジニアに限った話ではないですが。

こういったケースでは法律の専門家に聞くべきというようなことも書いてくださってはいるのですが、そういったことを聞くことができる組織というのは実際問題限られています。筆者はソニーの方のようですが、そういった大手でもない限りそういったリソースが社内に存在するというのはなかなか難しいと思いますし、あったとしてもなかなか相談し辛かったりするのではないかと思います。それに対して、そういった組織作りをしていくアプローチの方法も言及してありますが、実際そういう組織を醸成していくというのはかなりの困難どころではないレベルで困難を極める話で、あまり現実感がないよなぁ。と思いながら読んでました。

内容的には既に書いたようにOSSでのコミュニティについての話などは正直話の幅を広げすぎではないかと思いました。期待していたライセンスの解説についてはいちおう普段自分が目にするレベルのライセンスについてはだいたい言及してあります。ただし、ライセンスという性質上か「これはこのように解釈できる」というようなものにとどめてあるものも少なくなくはありません。繰り返しになりますが、これはライセンスという性質上仕方のないことなのかもしれません。

後半(最初から?)筆者のOSSに対する思い入れが強くなるのが読んでいてわかります。ここは読む人によっては評価が分かれるのではないかと思いました。話がそれますが、個人的にあまり特定の技術に特化していない技術書[1]に何かに偏ったような要素は含めて欲しくなくて、例えば「Webを支える技術」は特定技術への筆者の思想が偏り過ぎているように感じたので読むのを止めたのですが、この本はOSSに対して熱が入り過ぎではあるものの技術そのものに対しての偏りはないので最後まで読むことができました。これが例えば「この特定のライセンスが至高でこれを使うべき」というような書き方がされていたら読むのをやめてたと思いますが、そういうのはないです。

弁護士の方が監修にも入っており、冒頭にその方の特許や著作権の説明もあったりします。その辺りについて言及してある前半部は読んでいて非常に勉強になります。後半半分くらいは個人的にはあまり求めているものではありませんでした。個人的には前半部(ライセンスの解説までくらい)をもう少し掘り下げるか、もしくは分量を減らしていただきたかったなぁ。という感じです。


  1. 例えばJavaScriptの本であればJavaScript偏重の思想が書かれていてもなんとも思わないのですが… ↩︎