一ヶ月に一回くらいやるチェーンの掃除があまりにも手間なのでメンテナンス用の道具を買いました。

本来自転車というのはママチャリだろうがシティサイクルだろうがロードだろうがクロスだろうが、メンテナンスはやらないとダメなんで、通勤してる時に他の人のクロスバイク見てるとだいたいメンテナンス率50%くらい(チェーンがさびてる)で「みんなメンテしないんだなぁ」なんて思いながら自転車に乗ってます。流石にロードの人はそんな人ほとんどいないですが…。まあ、自分もシティサイクルの時はやってなかったんですけどね。

どういったメンテナンスをするかというと、具体的にはチェーン掃除して空気入れるわけですね。後はブレーキ交換とか。で、このチェーン掃除するのが本当にめんどくさくて、特にこの時期とか暑い中汗ダラダラかきながらオイルで手を真っ黒にして歯ブラシといらないタオルで掃除していたわけですが、あまりにツライので道具を買いました。今まで買わなかったのは初めに掃除する時に参考にしたサイトかなんかで紹介されてたのが1万円超えてたというのがあります。でも、改めて調べたら全部で数千円で購入できそうだったので買うことにしました。

まずメンテナンススタンド。今までサドルを浮かせてチェーンを回して、タオルで拭いて、またサドルを浮かせて…というのをやっていたのですが控えめに言って超絶めんどくさいので買いました。

後述するチェーン掃除マシーンに付属していたブラシ。歯ブラシだと奥まで届かずもどかしかったので買いました。

最後にチェーン掃除マシーンです。これ、梱包の時点で嫌な予感がしたのですが、良く無い方(安かろう悪かろう)の中華製でした[1]。ショボすぎてオモチャみたい…。写真じゃ伝わらないと思うのですが、本当にショボいです。ただ、これにチェーンを挟んでグルグル回すだけなので、ショボくても要件は満たせるかもしれません。使ってみないとわからないですね。

この取っ手の付け方がわからず5分ぐらい悩んだ。

次のチェーン掃除の時はこれでても汚さずに綺麗にできるはず。

今回Google Pixle 3aで撮影したわけですが、綺麗ですね。なんかそれっぽく背景もボケてるし。これもうカメラ要らないんじゃないかという気がしてきた…。

後全然関係ないけど、今日Grunt触った。まさか自分も今さらGrunt触ることになるとは思わなかった…

おわり。


  1. 前はHUAWEIのスマホとか使ってて、それは満足していたので中華性=ダメという認識ではないです ↩︎