起床が11時半で行くのやめようかと思ったのですが「どうせ家にいてもゴロゴロしてるだけなので頑張って休日を有意義に過ごさなければならない」という強い意志をもって布団からの脱出に成功しました。

先週とは打って変わって晴天でした。カーディガンを着ていったのですが、暑かったため5分くらいで腰巻きにしました。季節の変わり目は服選ぶのが難しい。

ルートとか


だいたいこんな感じのルートで行きました。

  • 12:50 阪急箕面着
  • 13:30 ご飯食べ終わる
  • 14:00 箕輪滝 着
  • 14:20 箕輪滝 発(徒歩)
  • 15:05 勝尾寺 着
  • 16:50 勝尾寺 発(バス)
  • 17:20 千里中央着

箕面駅から滝までが3kmで滝から勝尾寺が3.5kmらしいので、合計7km近く歩いたのではないかと思います。

箕面滝へ


箕面駅から滝までは3kmくらいのようですが、まず、準備運動代わりのビールですね。私はこのビールずっと外国のビールだと(ラベルを見て)思い込んでたのですが、なんとこれが噂の箕面ビールでした。ご飯の写真は撮っていないのですが、ご飯もおいしかったです。

結構な人が徒歩で登ってました。滝の手前の巨大な岩。

箕面滝。これは紅葉シーズンは綺麗でしょうね。天気が良いと液晶パネルが非常に見辛く、改めてファインダー付きのカメラが欲しいと思いました。

勝尾寺へ


箕面滝を見たら引き返そうかと思っていたのですが、思ったより写真を撮るスポットがなかったということと、心斎橋によって帰りたかったので勝尾寺まで徒歩で登って帰りはバスで千里中央まで移動して千里中央から心斎橋というルートをとることにしました。

滝から勝尾寺までは3.5kmらしいです。舗装されている道路沿いに徒歩で向かいます。この時点では3kmとか余裕じゃんと思ってました。

平地の3.5kmと登りの3.5kmは全く別物で、残り1kmの標識にたどり着くまでが非常に長かったです。勝尾寺までのルートでは時折、勝尾寺から下りてきたと思われる人とすれ違ったり、上り下りするチャリダーの人をたくさん見かけました。ロードバイクで下るのは見ていても気持ちよさそうで、自分も機会があればチャリできたいと思いました。

昨年の台風の爪跡(?)が結構残ってました。

勝尾寺


写真の撮影時刻を見た限りだとおおよそ徒歩で35分で到着したようです。

桜のシーズンはとっくに終わったかと思っていたのですが、勝尾寺の桜は割と満開に近かったと思います。また、桜に鳥という非常によい被写体に何度か巡り合うことができたのですが、ピントが上手く合わなかったりしてまともに写っているのが1枚しかありませんでした。残念…。

入り口からパノラマで撮影。

達磨が有名らしいです。

いたるところに達磨が置いてありますが、これは本堂前にあるおみくじの達磨を観光客の人が置いていったものだと思います。たぶん。

本堂

せっかくなので、久しぶりにおみくじ引きました。

感想


かなり歩いて非常に疲れました。特に勝尾寺が思ったより良い観光地で、圧倒的休日感を満喫できました。