Scala関西サミットでメイン会場の後方で物販をやっていたのですが、ちょうどやりたいと思っていたAkkaHTTPの本が売っていたので買いました。

本はこちらでも販売されてます。紙の本で購入しましたが、ダウンロードコードもついていたのでPDFでも入手できました。(ダウンロード期限は販売開始から1年くらいを予定しているようです)

ちゃんと左下を見てください。技術書ですので、念のため。

全部で70ページほどで、AkkaHTTPで作るWebサーバは30ページほどです。さらに後半半分くらいは提供されているディレクティブの解説なので割とサクッと数時間あれば読めます。サンプルコードもGitHubに上がってるのでクローンしてすぐ動かせます。

Scalaをちょっとかじったことがあれば、そんなにつまるところはないです。というか、最初の2ページくらいがScalaをやったことない人向けにページが割かれてます。なので、そういったScala未経験者の人も対象読者に入っている気がします。学習するにあたって体系的に勉強できるものがなさそうだったので(Scalaの場合はAkkaに限らずですが)非常に助かったな~という感想です。ちょっとAkka + Nuxt.jsあたりで作りたいものがあるので、参考にしながら作る予定です。

その他


本自体はAkkaHTTP以外のコンテンツ(GoやC#)ものもあるので、こちらも時間があれば読みたいところですね。また、結構良さそうな紙を使っているのですが、これ、製作費を回収できているのでしょうか…???