ついこの間、Qiitaをやめるかどうかという記事を書いたのですが、アカウントを削除しました。記事はこのサイトに移植済みです。利用規約を流し読みして、削除したうえでこのサイトに移植しても問題ないと判断しました。(私の読み間違いがなければ)かなりフェアな規約だったように思えます。

私の記事にリンクを張って頂いたり、ストックして頂いた方にはご迷惑をおかけしますが、ご容赦ください。

前述の記事のとおり、ほぼ利用していない(投稿側として)に等しいというのが一つの理由です。加えて、前の記事でも少しだけ触れてはいますが、記事の層が変わってきたというのもあります。私は昨今の流行りのような記事があまり好きではありません。これはQiitaに限った話ではなくて、そういったものが好きではないということは今までこのサイトの記事内で何度か言及しています。

私にとって情報とは自ら取得しに行くものであり、いわゆるバズらせるためのタイトルや記事というのは主張を押し付けられているように感じます。ですので、昨今のQiitaのようにランキングの上位にそういったタイトルの記事が表示され、ツイッタでそういった類の記事が流れてくることに辟易していました。

ただし、これはQiitaというよりは昨今のIT業界のよくわからないブロガーとかサロン系とかアルファなんちゃらみたいなものも同じです。というか、Qiitaもそれに巻き込まれているのではないかと思いますが、私にとっては一つの情報取得元がそういった状態となってしまった以上は切り離すのが(自身にとって好ましい)と判断しました。

説明が非常に難しいのですが、これはある種の潔癖に近い部分があると思っていまして「Qiita自体はそこまで積極利用していないが、そうなってしまった以上は触れたくない」というような感じだと思います。似たような理由でツイッタも徐々に触れる時間を減らす試みを進めています。脱スマホ・脱Twitterを目指す試みにも書いたのですが、私は基本的に情報・人に過度に触れると疲れる人間なのだと思います。

従って、これはQiitaが悪いとかそういう問題ではなくて、昨今のIT業界の流行り的なイケイケムーブメンツと私自身の性格の相性が絶望的に悪いというだけです。Qiita自体は素晴らしいサービスだと思いますし、何より、私が初めて何かしらの形でアウトプットを行った場所という点で非常に感慨深いものもありますが、人も物も、すべてはいずれ別れが来ます。これもその一つということです。

もちろん、今まで通り検索で表示されたりした場合は参考にさせて頂くとは思いますが、アカウントを保持したユーザとしての活動は今日で最後です。運営の方々はこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。