ふとメモ書きを残してひっそりと公開しておくような場所が欲しいと思った。

なぜ?


以前どこかで書いたと思いますが、私に限らずブログなどで何かしらの文章を書いてる人はネットに公開してる時点である程度自分の意思とか考えをどこかに残る形でばら撒いておきたいというのが心の奥底にあるんだと思ってます。人によってはSNSもほぼ似たようなものだと思ってます。なんでばら撒いておきたいのかというのはぼんやりと理由は見えてるのですが、それを文章として落とし込めるだけの考えがまとまってない(というかこの記事は出勤前に書きなぐっているのでまとめて書く時間がない)ので、ちょっと今回は書けないのですが…[1]

今利用しているサービスで最もそういう目的で使用しているのに近いのはTwitterだと思っているのですが、下記の理由によりTwitterとか他のサービスでなくもっと限定的なものにしたいなぁ。と思ってます。

  • Twitterだと発信がかなり広範囲になってしまう
  • 容易に発言できてしまう
  • 文字数に制限がある
  • 修正できない

ちょっと出勤時間が迫ってきているのであんまりダラダラ書けないのですが、Twitterだとただでさえ推敲しない私がぽろっと発言できてしまう上に文字数の制限があったり、修正できないなど…私は基本的に人は他人の意思を理解できないと考えていますが、文章だとそれがより顕著になり誤解を招きやすくなると思ってます。また、意見交換とかをするつもりは一切なくて発信を一方行にしたい。要するに限りなく影の薄い存在でほのかに残しておきたいのです。

ああ、まだあるんですけど、このブログでは基本的にわりかし「ですます調」で書くことが多いのですが「である調」で残したいです。あるいはもっとポエミーな文体。なんか文体を崩すのも変だな~と思っていて「ですます調」から変えるに変えれなくなっちゃったんですよ。このブログの文章。

どういったものを?


基本的にTwitterでは発言しにくいし、ブログにわざわざ書くほどではないものです。

  • そこそこ(数百文字)の文章になりそうなもの
  • 眠いとかそういうTwitterで特に意味なく発言するものでなく、残しておきたいもの
  • 感情によりそったもの・思考の断片
    • 要するに発信するのが恥ずかしいポエミーなやつ

こんな感じです。例を挙げましょう。私は昨晩夢を見ました。小学校~中学校の時に通っていた塾の先生とかもう会わなくなった友達と話しをしたり、弟と自転車に二人乗りする夢だったのですが、私はそこに非常に懐かしさを感じて、それを残しておきたいと思いました。でも、今は残す場所がないんですね。思考に関してもそうで、日々の生活でいろいろ思うところはあってもブログに書くまで至らずにぼんやりと考えて消えていくものがあります。そういう内容も含めて懐かしいとか感じたそういうその時の気持ちや考えをもっと断片でよいので切り取って残しておきたい。残せる限り。残しておけば想い出せるから。

ブログに残そうとするとどうしてもいろいろと考慮しなければならないことがあります。しかしTwitterではいろんな側面から残すには向かないなと。一定の量になってまとめることができそうであれば再編集してこちらに書くというのはありかと思ってます。

gistとかではダメなのか?


GitHubというプログラマ向けのサービスの一部にgistというsnippet…日本語で言うと「断片」つまりメモ書き的なのを残しておくようなサービスがあったりするのですが、そういうのではダメです。なにかしらのサービスは利用したくない。理由は後述します。

要件など


ちょっと出勤時間が迫って来ているので手短に書きます。下記のようなものにしたいと思ってます。

  • なにかしらのサービスは利用しない
  • ひたすらにシンプル
    • 凝ったUIは不要
    • サムネイルなし
    • タグなし
    • カテゴリーなし
    • 検索機能なし
    • アクセス解析なし
    • 広告なし
    • 関連記事なし
    • RSSなし
  • 検索エンジンにクロールさせない
  • Markdownで記述
  • データベースは使わない
  • 生成処理が高速

極力シンプルを目指します。紙のノートに書く日記のように、それをそのままWebにのせるようなものをイメージしています。色は白。まっさらな白にしたい。現在のこのサイトで実装している機能はほぼ省きます。JavaScriptも使わない。データベースは個人的に使いたくない(管理がめんどくさいので)ので、そういうのを考えると、今と同じように静的サイトジェネレータを使うことになると思います。ホントはWebで編集できるのが望ましいのですが、セキュリティ的なこととか、環境構築の手間とか、何よりもやっぱりデータベース使用したくないので静的サイトジェネレータかなぁ。と。かつ、かなり量が多くなると思うので高速が求められます。従ってHugoになるかなという気がしています。[2]

外部サービスを利用しないのは自分のものでなくなってしまう気がするというのが大きいです。私は私の全てとは言いませんが、可能なものに関しては自身の手の届く範囲に置いておきたい。そこから離れると自分のものでなくなってしまう気がするから。まあ、VPS使う時点で物理的な置き場所は私の管理の及ばないところになってしまうのですが…

ただの影の薄いほのかな記録にしたいので検索エンジンにもクロールさせません。これはメモ書きが検索に引っかかると迷惑がかかるという側面もあります。リンクはこのサイトとそちらのサイトを互いに結ぶものを一つだけ作ります。

名前はもう決めています。この記事のURLでもある「shattered memory」です。shatteredはどちらかというとマイナス的というか後ろ向き、あまり良い意味では使用されないと思われます。英語詳しくないんだけど調べた感じだとそんな感じですね。用途を考えるとsnippetの方が好ましいのですが、私はshatteredという単語にノスタルジーを感じるというか、言葉の響き・そこから感じる美しさが好きなのでshatteredを使いたいと考えています。この理由は作ったときに書きたいと思います。まあ、いいんですよ。こういうのは雰囲気とか感覚でやればいいんです。

ということを書きだすと長くなってしまうじゃないですかぁ…。出勤前なのに。ここまでで既に2600文字以上書いていて1時間半も使ってるんですよ。出勤前なのに。読書感想文2回提出できるくらい書いてるんですよ。ブログでやってしまうとこういう感じで長くなるのでもっと「ぽっぽぽぽ~ん」という感じでちょろっと書きたいんですよ。わかる??

まとめ


だいたい決まってるので、後はやるだけですね。やるだけ。Hugo覚えてデプロイ環境構築してnginx設定する…まあ、数時間くらいでしょうか。しかしこの一歩が重いんだよなぁ。Hugo覚えてテーマ選定するのが一番時間かかるでしょうね。気が重くなってきた…。こうやってやること増えていくんですよ。まあ、これはやりますよ。勢いですからねこういうのは。思いついたときに勢いでやってしまわないとダラダラ引き伸ばしになってしまう(既に引き伸ばしになってるものが大量にある)ので週末にでもやってしまいます。


  1. 一応、今回のタイトルで意味を込めてます ↩︎

  2. え?お前Hexoって言ってたじゃん?って?そっちはそっちです。用途が違うので ↩︎