週末におピアノのお発表会を控えているのですが、ホールで練習してきました。

理由


楽器経験のある方ならわかると思うのですが、楽器は一つ一つが全く異なります。特にピアノは持ち運びができないので普段自分が使用しているもので本番演奏することができません。特に私とかであれば自宅は電子ピアノで、レッスンや本番は生ピアノとなるのですが、電子ピアノと生ピアノはかなり異なります。既に一度、本番のピアノでレッスンを受けたのですが、結構前だったので改めて感覚をつかんでおきたかったというのがありました

感じたことなど


  • ペダルはハーフじゃなくてよい
  • 思ったより音が小さく鳴ってくれない
    • 逆にデカい方はいくらでも出る
  • 照明でスーツは暑い
  • 手を交差するときにスーツのボタンが邪魔
  • 弾いていて気持ちいい

まあ、こんな感じです。一度、このピアノでレッスンを受けたときに指摘頂いたのですが、どうもハーフペダルだと離すタイミングで響きが変になるというか、そもそもペダルを全開で踏み込んでも自宅の電子ピアノやレッスン室のピアノほど響かない(これは部屋の問題もありますが)ので、ハーフペダル使うくらいなら全部全開で踏み込むことになりました。ここ最近、ようやくハーフペダルのコツ的なのがわかりかけてきたような気がしなくもないのでちょっと残念です。他には全体的にpで弾いてるつもりでも思ったよりも音がでてしまうので、もっと意識して繊細に弾かないといけないと思いましたね。まあ、そんな技量ないんですけどぉ…。

やはり、グランドピアノで(小さいとはいえ)ホールとなれば弾いていて気持ちいいものです。ただ、まあ、セミコンでホールの音響的にもそんな良くないと思うので、もっといい環境だったらもっと気持ちいいだろうなぁ…。というのを思うとちょっと残念です。その昔の発表会のスタインウェイのフルコンはマジ感動したんですけど、ああいうとこでもう一回やりたいなぁ。とか思うんですよ。どうでもいい話なんですが。

後は、家の電子ピアノは一応、カワイの最上位機種で表面は人口象牙っぽいなにからしいんですが、ツルツル滑るんですよね。生ピアノはそういうのがないので、この辺りはもう電子ピアノの限界というか…

なんか、今回ガッツリとホールのグランドピアノで練習して、電子ピアノの限界が見えた気がしました。しかしながら、賃貸でグランドピアノを購入するとかは到底不可能です。

私は今の電子ピアノも先代の電子ピアノもカワイです。これは子供時の先生がカワイ派だったので家もカワイだったというのと、電子ピアノで全面木製鍵盤でそこそこの価格で電子ピアノを出しているのがカワイだけだったというのがあります。当時このカワイの機種を除けば全面木製鍵盤の電子ピアノはヤマハのAvanGrandというシリーズしかありませんでした。(正確にはAvanGrandはハイブリッドピアノらしいですが)ただ、このシリーズは生ピアノでないのに100万オーバー(セミコンが買える)で最も安いものでも65万という、まあ、お高いシリーズ…でした。

でした。といのは、今見たらNU1Xとかいう40万くらいの機種がでてるんですね。今の電子ピアノも5年くらい使用している(電子ピアノは10年くらいが寿命といわれている)ので、もう数年で買い替えようかなぁ…。とか考えてたんですが、これ、欲しい。良さそうなので今すぐ欲しい。欲しいので誰か買って…。

練習不足


で、すごい話がそれたんですが、まあ、弾いてたらいろいろひどいなぁ。と思うこともあって、特に、今まですんなり弾けていたところも、変に意識しだしたらドツボにハマって弾けなくなるというアレですね。たぶん、みんな経験してるやつ。で、これはひとえに練習不足だと思うので、まあ、自分が悪いです。いまさらどうこうできないので本番では変に意識しないようにできたら…いいですね。

曲について


今回演奏する曲は足掛け8年、4人の先生[1]に指導して頂いた非常に思い出深い(意味深)[2]曲です。曲の難易度、演奏時間ともに史上最高(当社比)で立ちはだかる壁は大きいですが、練習量的にもたぶんここ10年で最高(当社比)なので、発表会史上最高の出来(当社比)になるはずです。後、演奏時間はどうも一人当たり6分の制限があったっぽいのですが、どうやっても9分ちょいはかかります。本当にありがとうございました。だって聞いてなかったし、先生も忘れてたのでしかたないすわ。

まとめ


とりあえず、ほどほどでやろうと思います。前日に飲み会が入ってしまったのですが、つぶれない程度に飲みます。以上です。


  1. 実際の練習期間的にはトータルで10ヶ月程度です

  2. この曲のレッスンが始まったとたん教室を辞めることになるといういわくつきの曲