先日、電子メトロノームKDM-3を購入したのですが、なかなかよいです。

購入したもの


これです。私は白を購入しました。

KORG メトロノーム KDM-3

購入した理由


私はもともと電子メトロノームが好きではないです。理由はテンポを変更するのが手間だからです。そういうこともあって、以前にニッコーのメトロノームを購入したのですが、これはこれで失敗でした。賃貸だと明らかに近所から苦情が来るレベルで響きすぎたためです。

そういうこともあって、小さめのメトロノームを購入しようかと知り合いのいる楽器店に行ったところ、こちらの電子メトロノームはどうかという提案を受けて、よさそうだったため購入しました。

良い点


  • テンポの調整が楽
  • 音が変更できる

基本的に普通のメトロノームと変わらないのですが、テンポの調整がダイアル式なのですごく楽です。これは本当に大きなメリットだと思います。個人的にあの電子メトロノームの「ピッピッ」という音もあまり好きではなかったので音が変更できるのも良いです。他に挙げるとすれば小さめなので持ち運びもできると思います。

悪い点


ほとんどないのですが強いて上げるなら拍(beat)の切替がめんどくさいくらいです。

写真と解説


というわけで、箱です。裏面は見てのとおり英語で説明書も英語なのですが、メトロノームなんて触ればわかります。

比較するものがないのでサイズ感がわからないと思いますが、高さ・幅ともに最近のスマホよりも小さいです。また、前述のとおり黒色もあります。実物を見ましたが、マットな感じの黒でした。

左のダイアルでテンポを調整しますが、これが非常に楽です。鳴らしている間は上部右側(START/STOP)のボタンがテンポにあせて赤点滅します。

右側面です。「STANDBY/ON」で電源ON・OFFです。「SOUND」で音を変えます。木魚のような音とかもあります。写真がボケてますがボリュームの調整もダイアルで行います。

左側面です。速度標語が記載されてます。

まとめ


非常によいです。賃貸とかで「大きな音が出せないけれども一般的な電子メトロノームはちょっと使い辛い…」とかいうひとにはお勧めです。むしろ、これがあれば普通のメトロノームがいらないのではないかという気もします。