以前、電子マネーの導入を諦めましたという記事を書いたのですが、2か月くらい前から基本的に支払いはクレジットか電子マネーで行なってます。

きっかけ


きっかけですが、Amazonを物色しているとAmazonのクレジットカードが目につきました。

Amazon Mastercardクラシック

私はあんまりポイントとか気にしないのですがAmazonではよく買い物をする上にAmazon教に入信している(ちなみにGoogle教でもありMicrosoft教でもある)ので「まあ、ポイントが全て自動で変換されるのであれば楽だしちょっとだけ見てみようかな」くらいの気持ちで覗くと…前回あきらめたiDが一緒に申し込めるやんけ!!ということに気が付いてしまいました。「アレ、なんや、電子マネー生活できてしまうん???」これは申し込むしかないですね。ハイ、ポチー。の勢いで申し込みました。

1週間くらいかな?


Webから申し込んでから1週間くらいでカードが届いた気がします。割と審査はやかったと思う。普段はこういうの気にならないのですが「ここからキャッシュレス生活がはじまるぅぅぅぅぅぅぅぅぅ…」などと思うと結構ドキドキしました。
引き落とし用口座にお金が入ってなくて数回延滞したことがあり、信用情報に傷が入っているほうにビビっていたのはないしょ

iD カード


残念ながらiDは付帯ではなく専用カードです。下記のようなカードが届きました。指で隠してる部分にローマ字の名前が印字されてます。

できればAmazonMasterカードに付帯が良かったですが、これでほとんどの店舗でキャッシュレスで決済できるようになりました。

感想とか


公共料金とかのカード情報が洩れたら再登録がめんどくさそうなところ以外はもう全部AmazonMasterクラシックに切り替えて、実店舗でもこのカードで切りまくってます。クレジットカードがダメそうなところとか、サイン求められたところとかは電子マネーで決済してます。ポイント還元率とかはいいんですよ。私はそういうの考えて使い分けるのめんどくさいし、ポイント還元率高い流通系のカードとかって見た目からしてすでにダサいじゃないですか。ポイント返還するのもダルいし。

で、これでもうほぼキャッシュレスで決済できるので楽ですね。マジで楽。ただし、サイン求めてくるのはやめろ。マジで。ド〇〇ホーテに至ってはカードの裏にサインしてないからってレジでサインさせられたからね。こないだ大手クレジット会社がそろってサインいらね~ようにするって言ってただろ。

ただ、やはり個人の飲食店とかは手数料が痛いだろうな。ということもあって、現金で払ってます。やっぱりちょっとでもお店の方にお金入ってほしいですやん。

後はマネーフォワードと勝手に連携できるのでコレも楽。マネーフォワードのレシート撮影の精度が悪くてストレスマックス(それ以外はマネーフォワードには満足してます)だったのでそこが自動になっただけで楽。

今年はAmazonへの依存度をますます加速させていこうと思っているので利用額を見たうえでAmazon Masterゴールドにも切り替えていこと思ます。

追記: ゴールドに切り替えました

Amazon Mastercardゴールド