これ、前から疑問なんですけど、ネットでよく見るイケイケな開発現場って本当に実在するんですかね?

こういう現場って幻じゃないかと思うんですね。で、なんでこんなこと考え出したかなんですけどぉ。弊社って割とレベルの高いエンジニアがそろってる(私除く、私がダントツで低い)んですが、それでも割といろいろと問題があるんですよ。書きだしたら長くなるのでこの記事では書かないんですけど、技術的な面でもチーム的な面でも、その他もろもろ…。

で、割とレベル高いと思われる人達がそろっても問題が起きるということは、ネットで見かけるイケイケの開発現場って本当に存在するのか?というのがかなり疑問になってきたんですね。いや、そもそも本当に弊社が割とレベル高いかどうかはわかんないんですけど。

私が思うにこういうイケイケの開発現場の実態は以下のどれかだと思うんですよ。

  • ハイパーレベルのフルスタックエンジニアごく少数で構成されている
  • 個々のエンジニアのレベルがそこそこ高くてチームビルディングに長けている人がいる
  • 綺麗な部分だけ発表している
  • 問題のあることに気づいてない

前者2つは確かにイケイケの開発現場だと思うんですけど、後者2つはイケイケに見えてそうなだけの現場ですよね。Twitterとかで割とイケイケそうな現場でやってそうな人(主観)でもたまにアレコレつぶやいたりしているのを見ると、おそらくなんですけど大半は後者じゃないのかな~と。実際、前者2つの環境を作り上げるのってかなり難しいと思うので、日本の全IT現場の中で、ネットでよく見るイケイケな開発現場でやってるのって1%もないんじゃないのかな?

と思っただけの記事です。結論?ないよ。このブログ思ったこと書くだけのブログだしね。まあ、隣の芝生は青く見えますし、各々の現場でできることをやっていくしかないんじゃないのかな。と思ったりした。

やっていき。