先日、ピアノの体験レッスンに行ってきたのですが、こちらの教室に通うことに決めました。

教室決定の理由


  • 先生は良さそう
  • これ以上探すのがめんどくさい

以上です。特に2番目が大きいです。まあ、なんかあっても辞めればええかな。と思いました。それくらいのノリでいい気がします。

レッスン方針


教則本を使うという方針ではなくて、一曲の中でいろいろ学んでいきましょうという方針のようです。このタイプの先生は初めて。こちらからは引き続き悲愴の1楽章でお願いすることにしました。併せて並行で小さめの作品をやりたい旨をお伝えしました。なんか、かなり簡単なのが選定されそうな雰囲気がでてます…。ブルグミュラーレベルのやつくらいとおっしゃってたので…。こちらが正式に終了した教則本がソナチネアルバム1とお伝えしてるので、なんか結構レベルが低いと思われてるのかな?わかんないけど。社会人になって1人目2人目の先生は「あ~いけそうですね。ガンガン行きましょう」的な感じだったので、ちょっと正反対かなという感じです。まあ、なんかあれば言えばいいかな?くらいで考えてます。

「音をよく聞く」というのと「脱力する」という部分に力を入れているようで、この2点はよく指摘されました。特に、前者を行うには演奏に集中する必要があり、私のように練習中に別のことを考えている人間にはちょうど良いと感じました。

その他


社会人になってからのレッスンは仕事の事情等もありますが、だいたいどの教室も1年~1年半くらいで辞めているので、まあ、無理せず継続できればと思います。