タイトルの通りです。私は自転車通勤をしており、基本的に17時上がりなのですが、この時期は帰宅中に暗くなってしまいます。

「自転車の反射板が見辛いなぁ」というのを常々思っていまして、特に私の場合はスーツでコートも黒に近いので「後ろから轢かれるかもしれん」という危機感がありました。

キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト [TL-LD155-R] OMNI-5 リア用

なので、上記の商品を購入してみました。

なぜこの商品にしたのか


あらかじめ書いておきますと、私はこういう自転車のパーツに詳しくないのであんまりあてにしないでください。この商品にした理由は下記のとおりです。

  • 単4電池だった
  • 同ブランドの他製品に比べて使用時間が長かった
  • その割に安かった

こんな感じです。

まず一つ目の単4電池ですが、前照灯も単4電池を使用しています。そちら向けにエネループも購入していたので単4で揃えたいという想いがありました。次に二つ目ですが、お店で同ブランドの他製品もいくつか見たのですが、この商品の使用時間がもっとも長かったです。加えてその割に安かったです、使用時間については次の画像で確認できるのでそっちを見てください。

商品の説明とか


こんな感じです。オプションで「サドルにつけることができる」と書いていますがサドルが刺さっているパイプ(?)には同梱しているパーツで付けることができるので、どうしてもサドルに付けたいということでない限りは付属品で十分な感じがします。

入っていたパーツ


左上がサドルが刺さっているパイプ(?)につけるパーツです。その右がクリップですね。鞄とかベルトにつけることができるようです。電池もついてました。電池の左側の物体が説明書にも書いておらず、何なのか解りませんでした。

光らせてみる


画像だと伝わりませんが、かなりまぶしいです。右側のボタンを長押しでON/OFFします。ONの状態でスイッチを押すことで点灯パターンを切り替えることができます。次にONにしたときは前の点灯パターンを憶えてくれてます。

付けてみる


というわけで、取り付けてみました。

これで、暗くても少し安心して走れるかな。と思います。