DockerHubで検索すれば似たようなのは山ほどあるので圧倒的車輪の再発明なのですが、自作してみました。

まず、Scalaのイメージを作成し、そいつをベースイメージにしてsbtのイメージを作成しました。

yoshinorin/docker-scala
yoshinorin/docker-sbt

GitHubにpushしたTagに応じて自動でビルドが走るように設定してます。ベースイメージはopenjdk8のDebian版なのですが、もともとのイメージが結構大きいので結果的に1GBを超えるイメージになってしまいました。openjdkの公式イメージはAlpine版もあるので、そちらを使用するともっと軽くなったとは思うのですが、Alpine Linuxを使うのは何かとめんどくさいのでDebian版にしました。

今年はScalaでいろいろやってみたいと思ってるので、ちゃんとScalaとsbtのバージョンアップに追随させるつもりです。自作プロダクトはこれらのイメージをベースにしたものを適用していきたいと思います。