WSL(Windows Subsystem for Linux)を使ってLaravelをインストールします。

「WSL使ったらそれはWindowsにインストールするといえるのか?」などという野暮なツッコミはやめてください。こういう時のWSLです。「XAMPP?…知らない子ですね。」

環境


  • Windows10
  • PHP7.1
  • Laravel5.5

既に7.2が出ていますが、気づかずに7.1でやってしまいました。でもまあ7.2でも一緒のはずです。

目標・やらないこと


インストールして起動するまで。DBのインストールとかRedisとかそんなのはやりません。

PPAリポジトリ追加


標準のリポジトリでは確か7.0まで登録されていなかったのはず(この辺は今回調べずにすっ飛ばしてるのでやるときは確認してください)なのでadd-apt-repositoryでPPAリポジトリ追加してインストールします。インストール後にパッケージのアップデートを行います。

公式のリポジトリに存在しているのであればこの作業は不要です。

1
2
sudo apt-add-repository ppa:ondrej/php
sudo apt-get update

PHPインストール


PHPと拡張モジュールを入れます。DBを使うとなればもう少し入れないといけませんが、今回はそこまでやらないので下記をインストールします。なお、前述のとおり7.2の存在を知らずに7.1でやってます。

1
2
3
4
sudo apt-get install php7.1
sudo apt-get install php7.1-zip
sudo apt-get install php7.1-mbstring
sudo apt-get install php7.1-dom

composerインストール


下記のコマンドでcomposerをインストールする。composerはアレだ。PHPのパッケージ管理システムだ。

1
curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

プロジェクト作成


今回はプロジェクト名をexampleにします。composerをインストールしたディレクトリで下記を実行。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
php composer.phar create-project laravel/laravel example --prefer-dist

Installing laravel/laravel (v5.5.22)
- Installing laravel/laravel (v5.5.22): Loading from cache
Created project in example
> @php -r "file_exists('.env') || copy('.env.example', '.env');"
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)
Package operations: 69 installs, 0 updates, 0 removals
- Installing hamcrest/hamcrest-php (v2.0.0): Downloading (100%)
- Installing mockery/mockery (1.0): Downloading (100%)
...
Discovered Package: fideloper/proxy
Discovered Package: laravel/tinker
Package manifest generated successfully.
> @php artisan key:generate
Application key [base64:Y68ZTts34ECBep8/6iE7XPdfa;dfe/C2/9gUUt6ny0c=] set successfully.

ずらずら~とログが出てプロジェクトが作成されます。

開発サーバとして実行


プロダクションではないですが、開発サーバとして実行してみます。前述のコマンドで作成されたプロジェクトのディレクトリに移って下記を実行します。

1
php artisan serve

これでhttp://127.0.0.1:8000にアクセスして下記の画面が表示されていれば完了です。