コードを書きたい、本を読みたい、ピアノを弾きたい…

「やりたかった」ことはいつしか半ば強迫めいたものとなって「やらなければならない」にかわってしまった。それらは私を縛り付け身動きをとれなくする。「やらなければならない」ことは私が身動きがとれないうちにさらに大きな存在になり、押しつぶされそうになる。それでも、私はそれらを少しづつ片付けていかなければならない。