近いうちに、このサイトのインフラを全てAWSに移行しようと画策しているのですが、第一段としてDNSサーバをお名前.comからAWSのRoute53に移管しました。

当初はドメインレジストラの移管と同時に行おうと思っていたのですがドメイン登録の Amazon Route 53 への移管のステップ2に下記のような記述があります。

一部のレジストラは有料でドメインを登録すると無料の DNS サービスを提供します。登録を移管すると、以前のレジストラはドメイン登録を更新せず、Amazon Route 53 からドメインの移管リクエストを受領するとすぐにドメインの DNS サービスを無効にする可能性があります。詳細については、「既存ドメインの DNS サービスを Amazon Route 53 に移行する」を参照してください。

この記述に従って、先にDNSサーバのみRoute53に移管しました。

手順


スクリーンショットも撮ったので本当は手順を書こうと思ったのですが、すでに丁寧に解説してある同様の記事がいくつか存在するため、そちらを確認して頂くのがいいかと思います。私は下記記事と同様の手順でやりました。

お名前.comからRoute53へネームサーバーを変更する時に迷子になる人へ

また、AWS公式の手順は下記の記事です。

既存ドメインの DNS サービスを Amazon Route 53 に移行する

前述の記事はこのAWS公式手順の「ステップ4」が飛ばしてあります。「ステップ4」はコマンドラインからPOSTで叩かないといけないようでパラメータを調べるのがめんどくさかったので私も「ステップ4」は飛ばしました。

また、私はA・CNAME・TXTの3つ(というかそれらで全部ね)を移管しました。基本的にはどのレコードでも手順は同じです。

確認


whoisとかで確認すると変わっているのが解ります。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
whois yoshinorin.net
Domain Name: YOSHINORIN.NET
...
Domain Status: ok https://icann.org/epp#ok
Name Server: NS-1080.AWSDNS-07.ORG
Name Server: NS-1584.AWSDNS-06.CO.UK
Name Server: NS-503.AWSDNS-62.COM
Name Server: NS-588.AWSDNS-09.NET
DNSSEC: unsigned
URL of the ICANN Whois Inaccuracy Complaint Form: https://www.icann.org/wicf/
>>> Last update of whois database: 2017-11-20T14:22:31Z <<<