会社で片手間でインフラ臭いことも多少なりともやっているので、全体的にもう少し詳しくなる必要があるかと思い、Kindleで購入。なお、1が存在するようですが、そちらは未読です。

インフラエンジニアの教科書2 スキルアップに効く技術と知識

かなり幅広い範囲について記述してあります。広範囲の内容について記載してある半面、各々の分野はそこまで深く書かれていないです。ので、印象としては基本情報技術者試験をもう少し深く掘り下げて書かれた本という感じ。基本情報受けたのかなり前だけど、イメージとしてはそんな感じでした。

珍しいと思ったのはRFCの読み方やインターネット関連の組織についての記述です。こういった技術書にはなかなか記載のない分野だと思います。丁寧に書かれていたので読み物としても面白かったです。また、著者の方がLINE社の所属ということもあってか、大き目の規模のインフラの運用や障害対応に触れてありました。特に私などはCDNを構築・利用するような機会はないので、どういった仕組みで解決しようとしているのかを知るには良い本だと思います。

前述の通り各々の分野はそんなに深く書かれていないので、別途技術書なりを読んで学習する必要があります。深く難しい技術書を読むのはしんどいけれども概要はさらっておきたいというような人には適している本だと思います。