実家に帰るためにノーパソのWindowsを立ち上げたらWindows Updateが実行されまして、その後、デュアルブートで入れてたUbuntuが起動できなくなりました。

現象


下記の方々とは現象は異なりますけど、起動時にUbuntuが選択できくなって否が応でもWindowsが起動するようになりました。

windows10アップデートでデュアルブートマシンが起動不能になった話

デュアルブートの不具合:Ubuntu16.04とWindows10

調査がめんどくさいですし、今後も同様の現象が発生してしまう可能性もありますし、もともとUbuntu専用のマシンが欲しかったので、余っていた「VAIO Y」のWindowsを削除してUbuntuデスクトップをインストールすることにしました。

ISOイメージのダウンロード


ISOをダウンロードします。最新はここからダウンロードできます。任意のバージョンであればここからダウンロードできます。ダウンロードしている間は酒でも飲みながら待ちましょう。

USBからインストールできるようにする


このVAIOは光学ドライブがないのでUSBからインストールすることにしました。Rufusってのを使ってUSBからインストールできるようにします。

「ブートディスクを作る」でダウンロードしてきたISOイメージを選択します。選択したら「スタート」を押します。

「ISOイメージモードで書き込む」を選択します。

USBはフォーマットされるので注意。

プログレスバーが最後まで行ったら終わり。

インストールする


BIOSの画面を表示します。VAIO Yの場合は「F2」でした。USBからブートするように変更します。この辺BIOSによって違いますが、VAIO Yは下記のような感じでした。外部デバイスでのブートを「Enabled」にしてBoot順を「External Device」を最優先に変更します。

これでUSBからブートされてUbuntuをインストールするかどうか聞かれます。

今回はWindowsを抹消するので「ディスクを削除して~」を選択します。当然、Windowsで保存してたデータは全部消えます。さよならWindows。

あとは、それなりにやれば終わります。

bootの設定戻す


BIOSのboot設定を戻します。
これで終わりです。だいたい作業開始から2時間くらいで終わりました。さよならWindows。

おまけ


私は以下の作業もやりました。

OpenSSHのインストール

1
sudo apt-get install openssh-server

GNOMEのインストール

1
sudo apt-get install gnome

参考


Ubuntuをインストール【USBインストーラーを作成する】