ただの雑談です。仕事でつかった技術とかはなるべく記事で書くようにしているのですが(アホなのですぐ忘れてしまうので)最近はちょっと書くネタがないです。だからSubversionとか昔やったやつを引っ張り出してるんですけど。

で、先日からAWS Lambda + .NET Coreあたりを触りだして「こいつはネタになりそう!」と思ったのですが、こいつが一向に動きません。AWS Toolkit for Visual Studioが諸事情で使えないのが大きいな~と思ってます。でで、で、ですよ、土日で家で試そうかと思ったままやる気が出ないので書いてるのがこの記事です。

前職の最後の2年間くらいは「このままだとヤバい!」と思って、23時くらいに帰宅した後に、数時間は何かしら勉強してたんですが「あまりやらなくなってしまったな~」と、最近思いました。いやいや、やってはいる。のですが、どちらかというとこのサイトいじくりまわすのと、記事書くのバッカリでガッツリプログラミングとかやってないなと思いました。いやね~記事書いたらすっごい時間かかるんですよ。大体平均1時間半~2時間くらいはかかってると思います。まあ、それに見合うだけのまともな文章かと言われるとそうでもないんですけれども。

なんというか、人間危機感が大事だなと思いましたね。あれなんですよ、私もペーペーなショボショボエンジニアなんですけど、前職の時は超焦りがあったんですよ。前職はクラサバで使う技術も限られてましたし、古いものばっかりでしたし…しかしですね、現職でほぼ最新の技術でそこそこ広い範囲を弄るようになって、割となんでも超薄く広く。そう例えるなら100倍薄めたカルピスのような感じです。インフラもクラウドもバックエンドも開発環境(CI/CD)も課題管理も…フロントエンド…フロントエンドは…まあ、既にあるものを弄るくらいはできますし…まあ、そこそこ広い範囲を超絶薄くできるような感じです。フルスタックエンジニアには遥かに及ばないけど100倍薄めたフルスタックエンジニアみたいな。それが変な自信につながってしまって、危機感も薄さ100倍みたいな。そんな感じです。

後は、コスト意識がかなり低くなりましたね。前職は大手SIerだったんですけど、要するに工数でガタガタうるさいんですよ。工数の入力とか管理で業務の1割くらいは持ってかれてたのではないかというくらい。今は社内システムの開発なので、そういった意識がかなり薄れてしまいました。そういう点ではSIerのコスト意識(を強く意識せざるを得なかった)という点(コスト下げたいなら改善しろよって部分は山ほどありましたけど)は良かったんじゃないかな~と思ってます。

なんちゅ~か、もっと根詰めて作業せなあかんな~と日々思いながら仕事してます。
そんな、どうでもいい話でこれ以上書くことがないので AWS Lambda + .NET Core を今から頑張ってやります。っても今日は飲み会で18時ごろにはでないといけない…こういう仕事以外で時間のリミットがあるのって、個人的にすごく苦手です。