この製品は生産終了しているので書いたところでなんの需要もないと思うけど、おそらく後継の機種も同じだと思うのでとりあえず書き残しておく。

普段パソコンで何かやりながらウォークマンで音楽を聴いているのだが、パソコンをやりながらとなると、充電はパソコンからUSB接続で行うことが多い。

この製品はUSB接続すると初期設定では自動でUSBストレージとして認識するという挙動をする。この時にUSBストレージとして認識している間は音楽が再生できない。これはおそらくUSB経由で曲を転送する際に曲が流れているとデータ破損が破損する可能性があるからだと思うので、USB接続している間は音楽が流せないというのは仕方ないと思う。

…のだが、前述の通り初期設定だと接続したら自動でUSBストレージとして認識するのでUSB接続した時点で音楽が止まってしまう。これを解決するには接続時にUSBストレージとして認識させなければよい。…のだが、なんとこの設定は設定画面から行うことができないようだ。従って、2年くらいこれをOFFにする方法に気が付かなかった。

下記の手順で設定をOFFにできる。

1
2
3
4
5
1. ウォークマンにUSBをさす。
2. 画面上部から通知バー(?)指でスライドして表示する。
3. 「USBとしてストレージとして接続」という項目があるので選択する。
4. 表示されたメニューの最下部に「接続オプション」があるので選択する。
5. 「USB自動接続」という設定をOFFにする。

以上で、デフォルトでのUSB接続認識をOFFにでき、音楽を止めることなく充電できる。

で、以下はダラダラこの機種というかこの機種も含めたウォークマンに対する愚痴です。

まず、音楽をUSB経由で転送する人がどれくらいいるのかわからないんですが、デフォルトはOFFにしておくべきなんじゃないでしょうか。おそらく、多くの人はX-アプリでウォークマンに曲を転送していると思うんだけども、このX-アプリが…。X-アプリの前のSonicStage(?)だったかな…からなんですが、いろいろと微妙なんですよ。

このアプリの何が微妙かというとデータベースがAccessなんですよ。私はAccessを扱ったことがほとんどないので、Accessのデータベースとしての良し悪しは解らないんですけど、ファイルが破損してデータが吹っ飛んだことが2回くらいあるんですよ。まあ、これはたぶんAccessの問題ではなくてアプリ側の問題でトランザクションの制御がちゃんとできていないのだと思うのだけども、何よりデータベースとしてAccessを使用しているの、どうなんだろう??アプリのデータベースとかSQLiteあたりじゃないかと思うんだけど…

SonicStageからX-アプリに移した際に、Accessは廃止されているかな?と期待したのだけど、Accessのままであった。おそらく、移行がめんどくさいからAccessのままやってるのではないかと思うんですけど、それくらいやってほしかったなぁと。おそらく最新のウォークマンを買ってもAccessのままだと思う。

あとはスピーカーいらないですね。この機種はなぜか背面にスピーカーが付いているのですが、携帯用の音楽プレーヤーにスピーカーが果たして必要なのかは疑問でそうするくらいならもうちょっと薄くしてほしかった。たぶん失敗だと思ったのか後継(?)と思われるNW-A30にスピーカーはついていない。

と、こういっておきながらたぶん次もウォークマンを買うと思う。上記の2点以外は特に不満はないしね。NW-F880がまだまだ現役なので当分先の話と思うけれども…。