初めは「2016年に参加した勉強会一覧」という記事だったんですが、書いてるうちに逸れてしまったので、勉強会への参加姿勢とか初めて勉強会に参加したときの話をとかを記事のはじめの方に書いてます。

以下、私が勉強会に参加しているときに「こういうことやってるよ~」とか「こういうこと考えながら聴いてる」とか「初めて勉強会参加するとき」の話とかです。

ガンガン参加したらいいと思う


Twitterかどっかで、人事コンサルみたいな人が「勉強会参加ばっかりしているけど、登壇歴のない人は実力がないと思われる可能性があります。」みたいなことをつぶやいてるのを見た気がしますけど、そんなの気にせずにガンガン参加したらいいと思います。もちろん「前に立って発表する = 他の人に説明する」というのは非常に勉強になるでしょう。私自身、仕事で他の人に説明する中で非常に学ぶことは多いです。でも、登壇している方だって最初は参加者だったと思うし、聞くだけでも得るものは多いです。出ないより出る方がいいと思います。もちろん、何も考えずにただ聞くだけでは意味がないと思いますが。

参加したときとどういうことやってるか


私は大体以下のようなことを考えながら参加したり、実践したりしてます。


  • 知らない用語や解らないことは家に帰って調べる
  • うちの会社で運用するならどうするか
    • どこがネックになりそうか
    • 代替案はありそうか
  • 勉強会で聞いた内容を家もしくは会社で試す
    • 実際に仕事で適用できそうかどうかが解ります
    • そのまま適用できない(だいたい適用できない)場合は学んだ要素も含めて案を考える

結局、聞いただけでは意味がないので、実際に自分でやってみて自分の普段の仕事の中にそのまま適用できるか、できないならどういったところが課題になりそうか確認して、代替案を検討します。結果的に実践できなくても知識として残りますし、それが後々役に立ちます。また、聞いただけだと頭に残らないので手を動かして覚えるというのも重要だと思います。

また、実際は聞いたものを必ずしも実践する必要はないというケースも多いと思います。実際に自分の仕事で本当に必要かどうか考えた上で必要なければ実践する必要はないと思っています。選択肢として考慮したうえで、必要なければやらなければいいし、必要だと思ったのなら実践する方法を考えればよいです。結果的に実践する必要がなかったとしてもどういった理由でやったのか、やらなかったのかを考えるという点でトレーニングにもなりますし、現時点でやらなかったとしても将来の選択肢として残るかもしれません。

懇親会に参加したほうがいい


勉強会には昨年から参加していて、懇親会があるものに関してはできるだけ出るようにしています。懇親会はできるだけ参加したほうがいいな~と思います。全体の場で質問する時間がなかった場合に登壇者にピンポイントの質問ができるし、飲み会の席でもコアな話も聞けます。ただ、私の場合は質問一辺倒になってしまって、話していただいている方に私の方から何か提供できるものがないというのは非常に悔しかったりするので、もっとスキルを身に着けて相手にとってもなにか与えられるようになればいいな~と思います。精進します。

また、登壇してない参加者さんどうしでも「うちはこういう風にやってます。」とか「こういうところで困ってます。」とかいう他社の開発のやり方とかも意見交換できます。(だいたい、同じところで悩んでたりして解決策がなかったりする…)

初めて参加する人へ…


私は去年(2015)の夏ごろから勉強会に参加しだしました。その時の私のレベルは本当にひどくて、今こうやってIT系のブログを到底書けるようなレベルではなかったです。いや、あんまり前の職場の話とか書いてないですけど、ほんとにITエンジニアなんですか?ってレベルだったんですよ。まあ、今でも大したことないですが…
私も、ずっと勉強会に参加してみたい参加してみたい…と思うまま半年以上たって初めて参加しました。初めはすごく緊張すると思いますけど、気にせず参加したほうがいいと思います。自分のレベルとか気にして迷っている時間だけ無駄です。話してみたら、今回が初めてですって人も結構いらっしゃいます。また、IT業界に関係ないけど参加している人や最近プログラミング始めたばっかりという人も結構いらっしゃいます。排他的な勉強会は存在しない(たぶん、ちょっと内輪っぽいのはありますけど)ので、だいたいどんな勉強会でもみんなフレンドリーです。みんな初めは緊張しながら参加したのだと思います。そして、それを乗り越えて様々な勉強会に参加していると思います。自分の意志と初めの勢いが大事です。何事も自分で動かないと何もはじまりません。ちょっとでも参加したいと思う勉強会があるなら「エイやっ」で参加したらいいと思います。

2016年に参加した勉強会と感想とか


と、まあ、ダラダラ書いたんですけど、こっから以下は自分向けの記録です。
今年はもうこれ以上勉強会には出ないので、今年参加した勉強会をまとめる。
なお、めんどくさいので 各勉強会へのリンクは張らない。

参加した勉強会一覧

  • 2016/01/19(火) : 第27回かるぼ塾
  • 2016/02/03(水) : C#実践開発手法読書会 vol.12 大阪
  • 2016/02/13(土) : 第3回コンピューターの舞台裏
  • 2016/02/20(土) : 第5回ハカハカしながらハンズオン(Hack)
  • 2016/03/01(火) : 第28回かるぼ塾
  • 2016/03/05(土) : RxTStudy #14 「Redmineの未来を考える - 機能・運用・コミュニティ」
  • 2016/04/16(土) : 第4回コンピューターの舞台裏
  • 2016/05/14(土) : 第5回コンピューターの舞台裏
  • 2016/06/04(土) : Agile Japan 2016 大阪サテライト
  • 2016/06/18(土) : 第7回大阪Jenkins勉強会
  • 2016/06/22(水) : 第31回かるぼ塾
  • 2016/07/09(土) : わんくま同盟 大阪勉強会 #67 + プロ生勉強会 第42回@大阪
  • 2016/08/27(土) : 第7回コンピューターの舞台裏
  • 2016/08/31(水) : 第34回かるぼ塾
  • 2016/09/17(土) : dotnetConf関西2016
  • 2016/09/24(土) : 第8回コンピューターの舞台裏
  • 2016/10/29(土) : 第9回コンピューターの舞台裏
  • 2016/11/09(水) : C#ショートコードプログラミング読書会
  • 2016/12/10(土) : 第8回大阪Jenkins勉強会
  • 2016/12/14(水) : ちゅーてっく vol.1 ~中央電力 IT勉強会 AWS事例~

感想とか

なんか、もうちょっと参加してる気がしてるんですがoutlookの9月以前の予定表が閲覧できなくてわかんなかった。
Jenkinsの勉強会で開発者の川口さんのお話を聞けたり、C#の読書会で「Docker + Jenkinsの話が聞きたいですね~」とか主催者の方(C#読書会とJenkins勉強会の両方の主催者をやってらっしゃる)につぶやいたら、本当にそういう内容での発表を準備してくださったり、思わぬところでカーナビの話とか聞けたり、他社のAWSの事例聞けたりで、非常に良かったです。本当は参加都度、感想を記事に起こそうかと思ってたのですが、だいたい他の方が記事にしてらっしゃるのと、私自身が書く体力がなかったので…書いてないです…

来年は…

来年はもうちょっと別の勉強会にも顔をだしたいな~と思ってます。特にもくもく会とかに参加したいですね。実際に手を動かすとより具体的に習得できるものがあるので。