前職の同期の後輩と12/23に登山に行ってきました。ルートはタイトルの通りです。

装備


私は普段登山いかないんですけど、さすがに4回目くらいなので学習して今回は少しまともな装備で挑みました。といっても、前回から買い足したのはGUで買った何とかパンツっていう動きやすそうなパンツとGUで買った990円のリュックサックです。今まではチノパンと小さめのボストンバッグで行ってたんですけど、絶対にリュックサックの方がいいです。ユニクロ社はあまりいい噂を聞かないので、そういったとこの製品は使いたくないんですけど安さには変えれませんでした。まさかリュックサックが990円で買えるとは思いませんでした。まあ、セール品だったので元値は2,990円でしたけど。

靴はランニングシューズを持っているのでそれを使いました。スニーカーとかいう舐めた装備で登るのはやめましょう。メッチャ疲れるし滑ります。あとは、時計もGショックみたいなのがあった方がいいと思いますけど、私はチタン製の時計しか持ってないので今回は持っていきませんでした。

登山


布引の滝

JR三ノ宮駅に10時集合でした。布引の滝からの登山口は新神戸駅なので三ノ宮から新神戸駅まで歩いていきました。
布引の滝は有名な観光スポットらしいので、普段はカップルとかが結構いるらしいのですが、冬場ということもあってかまったく人はいませんでした。

以下、布引の滝の写真を何枚か。今回は全てα5100とVario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Zっちゅーレンズで撮影してます。っても写真とかレンズのことあんまりわかんないんですけどね。

「紅葉シーズンなら綺麗なんだろーな」と思いました。次は秋にでも来たいですね。

摩耶山

布引の滝から摩耶山までは大体2時間くらいでした。後輩君がエライへばりだすな~と思ったら、なんと「歩荷トレーニング」かなんとやらで10kgの米を背負ってたらしいです。意味が解らん。さすがに運動不足な僕でも10kgの米を背負ってる人よりかは動けるので後輩君のペースに合わせてところどころ休憩しながら登りました。ちなみに30kg未満は背負ってる意味がないらしくて、背負ってる重量によるマウンティング合戦が繰り広げられるらしいです。あのさぁ…軍隊の行軍訓練じゃないんだからさぁ…

一応、彼の名誉のために言っておくと、普段はMax20kgでやってるらしいです。今回はおなかの調子も悪かったみたいでした。

他の登山客もちらほらいらっしゃって、ところどころ追い抜き追い抜かれ、すれ違うのですが、年配くらいの方が結構多いです。まあスゴイ元気ですね。流石に私くらいの年齢だとこちらの方が登るスピードは速いですが、中には荷物なしでひょいひょい登ってる人もいて歳いっても体力ある人はあるんだなぁ。と思いました。どうでもいいですけど、みた感じ水すら持ってない人がいましたけど、水分補給大丈夫なんでしょうか?
そんなこんなで、2時間ほどで摩耶山の山頂につきました。この時12時半です。700mの山ですが、前回上った信貴山より楽でした。

山頂から何枚か。1000万ドルの夜景らしいです。夜はカップルだらけらしいです。

ポートアイランド(手前のギザギザの島)と神戸空港(奥の島)

山頂のカフェで1時間ほど休憩しました。山頂のカフェはちょっと変わった空間で、炬燵が置いてあって(掘り炬燵でなくて普通の炬燵)鍋やってる人がいました。

もう少し早く下山開始したかったのですが、雨が降ってきたため止むまでまってました。神戸市内は晴れてたのに、山頂だけ降ってました。雨雲レーダー見たら見事に山の上だけ雨雲が…
摩耶山山頂にはロープウェイもあるので、そこからロープウェイでの下山も検討しましたが、ロープウェイ待っている間に止みました。

六甲ケーブルカーまで歩く

後輩は割と時間ぎりぎりまで攻めていくタイプなので、このまま摩耶山から下山するのではなくて六甲ケーブルカーまで行くことになりました。ところどころ山道を歩きましたがほとんどは普通の道路を通りました。

途中にあったオテル・ド・摩耶というシャレオツなオルベージュです。なんか色合いが某艦隊ほにゃららのキャラクターを彷彿とさせますね。ちなみに、この辺りの施設とかスポットは全てなんちゃら摩耶という名前がついていて、私は某艦隊ほにゃららゲームばっかり頭に浮かんでました。まあ、そのゲームとっくの昔に引退しましたけど。

六甲ケーブルカー

六甲ケーブルカー付近から1枚。この時点で17時前でした。摩耶山から3時間近く歩きました。非常に疲れた。私は雨が降ってる時点で摩耶山からロープウェイで降りなかったことを後悔しましたね。

出発前の六甲ケーブルカー。実はケーブルカーに乗るのは初めてです。六甲山にそんな見るものあるのかぁ?という感じですがカップルだらけでした。よくわからないけど、見る施設あるんでしょう。こちらもたぶん紅葉シーズンだったら綺麗だったと思うんですけど、大したことない景色を見ながら下りました。ちなみに摩耶山の方はロープウェイなので景色は摩耶山ロープウェイの方がよいのではないかと思います。

下山しながら神戸大学による

この六甲ケーブルカー。降りたらすぐに神戸市内というわけではなかった…ので、さらに歩いて下山します。いや、私はバスで最寄りのJRまで行きたかったんですけど、後輩が「ケーブルカーはやむなしで使ったんですよ!歩いて降りるのが下山です!」とか言い張るので歩いて駅まで行きました。これが1時間くらいかかった。途中、神戸大学に寄ったのですが、後輩が神戸大学卒のようで「こいつ神戸大学に寄りたかっただけなのでは…?」という疑問が浮かびました。

神戸大学の中庭から神戸市内を一枚。

まとめ


休憩を除いて7時間くらい歩きました。登山道3時間半、舗装された道路3時間半くらいでしょうか。
次の日は思ったほど筋肉痛ではなかったです。普段ほとんど運動しないので定期的にどこかに登りたいですね。