先日ビルドが通っていたAlpineベースのDockerのRedmineのビルドが通らなくなってました。そこで原因をちょこちょこ調べてわかったのですが、どうもAlpineのプロジェクトはRedmineで管理させているようです。

AlpineのRedmineプロジェクトはここです。

Alpineのソースコード管理はgitで行われているようなのですが「いまどきgitでソースコード管理してるのにプロジェクト管理してるのはRedmineとは今時めずらしいなぁ…」と思いました。

「それがなんやねん!」という話なのですが、ちょうど社内でRedmineを立ち上げるのが確定しまして、今週末には移行が終わる予定なのです。私にとっては非常にタイムリーでした。

以前書いた通り、現時点のGitHub系のプロジェクト管理には不十分(と書くと語弊があるかもしれませんが)な点があると思っております。結局ガッツリ管理したいなら何らかのITSを導入する必要があると感じているのですが、その反面管理するシステムが増えるとコストが高くなるのと、今は不十分であっても今後GitHub系のプロジェクト管理の不満点が徐々に解消されればITSは「どんどんリポジトリメインの管理ツールに統合されていくのではないか」と思っていて、このタイミングでRedmineを導入するのが果たして良い選択かどうか迷っていました。

そのタイミングでAlpineのプロジェクトがRedmineを使用しているというのが解って、ちょっと安心したというか自信を持って導入できるな~。と感じた次第です。

話は変わってしまいますが、これだけAlpineのパッケージバージョンがポコポコ変わる(かつ、それでビルドが通らなくなる)のであれば、前述のDocker composeベースのRedmineも定期的にビルドしないといけないな~と思いました。