昨日書いた通り、Disqusを使ってブログにコメント欄を設置しました。設定のやり方とHexoでの設定方法について書きます。結構いろんなところで情報はあるのですが、最近(?)UIが変わったようで少し迷ったので書いてみます。また、本ブログは公開から約半年間コメント欄を設置していなかったのですが、設置した理由も書いてみました。

WordPress等のCMSは知りませんが、基本的に当サイトで使用しているような静的HTMLジェネレーターだとコメント欄は設置できないと思います。データベースを使用していないので。そこで、今回はHexo(当ブログで使用している静的HTMLジェネレーター)にDisqusを設置した手順を書きます。別に登録まではHexo以外でも共通です。

目次

  1. アカウント作成
  2. 設定
    1. その他やった設定
  3. Hexoでの設定
  4. なぜ設置したのか
    1. 失礼なコメントを書かれたくなかった
    2. スパムをはじきたい
    3. もしかして補足がほしい人がいらっしゃるかも…
    4. 見られている。を意識する
  5. その他

アカウント作成


まず、Disqusでアカウントを作成します。

設定


右上の歯車でAdd Disqus To Siteを選択します。

別のページに遷移するので、一番下までスクロールしてGET STARTEDを選択します。

さらに別のページに遷移するのでI want to install Disqus on my siteを選択します。

あとはSite nameサイトの名前Choose youre unique Disqus URLに任意の値を設定します。
なおChoose youre unique Disqus URLshortnameと呼ばれているものです。

Site nameは後から変更できますが Choose youre unique Disqus URLは後から変更できません。

Categoryは…う~ん、私はとりあえずTechにしました。

次に、歯車でAdminを選択します。

上部のSettingを選択します。

URLを入力します。

基本的な設定はここまでです。

その他やった設定

デフォルトの設定だと、その記事に関係ないコメントも表示されます。下記のような感じです。

こいつを表示しないようにするにはDiscoveryのチェックを外します。

後は、表示を日本語に変えたりしました。

以上です。
サイト側での設定はCMS等によって変わると思います。

Hexoでの設定


ここはHexoでの設定になるので、他のサービスやCMS等を使用している場合は参考になりません。

他のテーマではわかりませんが、私が使用してるテーマではテーマ側の_config.ymldisqus_shortnameというパラメータに設定するようになってました。もしかしたら、Hexo側の_config.ymlに設定する必要があるかもしれません。

「表示されないよ~」って人はテーマとHexo両方の_config.ymlを確認してみるとよいと思います。

なぜ設置したのか


Hexoの場合、Disqusを使用してコメント欄を設置するというのはこのブログ開始時点で知ってました。しかし、なぜ半年たった今頃設置したのか…その理由を書いてみたいと思います。

失礼なコメントを書かれたくなかった

何をもって失礼かというのは人によって違うとおもいます。以下、私の失礼な基準で書きます。

私の場合は「相手と対話(相手に返信)するとき」に高圧的もしくは罵倒するようななコメントを書くのは失礼だと思ってます。某Yニュースとかのコメントとか、他の方のブログとか、その他掲示板でも赤の他人とは言え非常にアレなコメントを書くかたが多々いらっしゃいます。コメントに対して返信するというのはその方に対して返信するという形になるので、見ず知らずの方とは言え「よくそんなコメントを書くことができるな…」と、よく思います。

そういった方は匿名が故にそういった発言をされるのだと思いますが(Twitterというアカウントを持った状態でそういった発言をされる方もいますが)Disqusのデフォルト設定では何かしらのサービスでログインしないとコメントできないので、そういった「私基準の見ず知らずの方に対する失礼なコメント」はかなり防ぐことができるのではないかという予想です。

まあ、そもそもコメント欄を設置したところでこんな大したことのないブログにコメントが付くのかは甚だ疑問ですが…

また、私もこのブログでクソとかクソとかクソとか発言しまくってますし、Twitterでもクソツイートをしまくっており、文字通りクソをまき散らしておりますが、ネット上で相手に対するメッセージでアレな発言をしたことは誓ってございません。うん、現実世界でどうかと言われると、直接的にクソとは言ってませんが、遠回しにクソといったことは多々あります。特に前職の時に…。もう少し控えます…。

スパムをはじきたい

よく、他のサイトでコメント欄を見るとスパムコメントが大量に書かれていたりします。前述の通りデフォルト設定では何かしらのサービスでログインしないとコメントできないので、スパムもはじくことができるるはずです。

もしかして補足がほしい人がいらっしゃるかも…

このブログは今のところIT技術系の記事が多いです。しょうもない内容にもかかわらず検索でたどりついて頂いている方がいらっしゃいます。私も一応エンジニアですので、よく藁にも縋る思いで検索します。その時に「ああ!この記事にコメントしてみようか…」と思うことがあります。実際にしたことはないんですけど…。

そういった方で「記事に対して質問したいけど…コメント欄がない…」という方がいらっしゃったら、非常に申し訳ないというのが前々からありました。また、私自身も解る範囲でも回答できれば…という思いがあります。

他にも、私もペーペーですので、記載内容に誤りがある可能性は大いにあります。「ココが間違ってるぜ!」と気付いた方がいらって、「指摘したいぜ!」って意思があったとしてもコメント欄がないとそういったものの修正機会もありません。

このブログではコメント欄が荒れない限りはコメントはガンガンウェルカムというスタンスで行きたいと思いますので、もし、聞きたいことがある場合は遠慮せずに書いていただければと思います。

まあ、そもそも私の記事は結構ざっくり書いてるので「記事自体をもっとキッチリ書きなさいよ」というのはあるかもしれませんが。

見られている。を意識する

コメント欄を設けることでコメントを頂ける可能性があるので、少なくとも今までより記事への反応に対する意識が強くなります。私の場合、記事内でクソとかクソとかクソを連発しております。コメント欄を設置することで自身の中で「記事に対する反応(見て頂いている)」を より強く意識する ことができるのではないかと思いました。

そうすることで、書く時にもう少し質の高いアウトプットができるのではないかと考えました。これによりもう少しまともに書けるようになればいいですね。

その他


意識すると書いた直後ですが、なんとこのここまででクソを10回も書きました。今後もクソを連発していきたいですね!

Disqusですが「スマホでの公式アプリはないのか」と探したのですが、どうもWindows Phone以外は鋭意製作中のようです。公式アプリがUWP(Windows Phone)だけとか珍しいな…