ちょっとオシャレなタイトルにしてみましたが、先週の土曜日(10/29)から2年半ぶりにピアノのレッスンに行き始めました。今日の記事は私とピアノに関しての自分語りと日記です。

私は中学1年くらいまでピアノをやっていました。当時はソナチネアルバム1の途中までやってました。
当時やめた理由ですが、確か部活が忙しかったというのがあると思いますが、もともと別に好きでやっていたわけではなかったので、完全に興味がなくなったのだと思います。(かといって嫌いでもなかった)

母親がピアノの先生に「ピアノのレッスンをを辞めさせて頂きたいと思います。」と電話している後ろで私は「スターフォックス64」をやっていたのを今でもハッキリと覚えています。当時、子供ながら申し訳ない(ゲームやってたので)という心苦しさがありながらも「ゲームやりたい。」という気持ちでゲームをやってたのを覚えています。結局、母親が電話で辞める旨を伝えて、そのままその時の先生には挨拶もしませんでした。子供ながらに非常に失礼だったと思いますし、私が親なら連れて行って挨拶させたでしょう。このことは今でも時々思い出しますし、思い出すたびに非常に心苦しくなります。当時の先生には非常に申し訳ないことをしたと思っています。

今、私がピアノを続けることができているのはこの当時の先生のおかげともいえるので、もし、まだ教室を続けていらっしゃるのであれば、改めてお礼申し上げたい。と時々思うのですが、もう十数年もお会いしていない方にいきななり訪問するのも変な話ですし、向こうもたかが一生徒を覚えているかというと、そうでもないと思うので「機会があればな~」なんて思いながらも結局自分から行動も起こせず悶々としたりもしているわけです。

そういう話は置いておいて、その後、しばらくピアノから遠ざかっていたのですが、そんな私が改めてピアノを弾くようになったのは高校3年生くらいの時です。当時、部活もやってなかった(というよりは途中で辞めた)ので、勉強するしかなかったのですが、勉強は非常に嫌でした。かといって、ゲーム(親には勉強しろと言われるので)もできませんでした。そんな私が、ふとやってみようと思ったのがピアノです。何を思ったのかはわかりませんし、覚えてもいません。また、不思議なことに、母親もなぜかピアノはいくら弾いても怒りませんでした。(なんででしょうね。今でもわかりません。)

そういったわけで、私は受験勉強をせずにピアノを弾いていました。おそらくこの一年(もう少し短かったかもしれません)くらいがもっともピアノを弾いた時期だと思います。

結局、受験勉強を大してすることもなく、私は大阪の大学に進学することになりました。ピアノが弾けなくなり、その代わりに吹奏楽部に入部することになるのですが(電子ピアノとかも入学当時は買わなかったので)そこは話が逸れすぎるので、気が向いたら自分語りシリーズで書くことにします。

社会人になって、私は趣味の一つでも持とう考えました。しかし、時間のない社会人。新しい趣味をはじめるのは結構ハードルが高いと思っていました(当時はです。今は、いつでもはじめることができると思ってます。)そんな、私がやろうと思ったのがピアノです。幸いにも、電子ピアノは大学生の途中で購入していました。

約十年ぶりくらいのピアノレッスンで、自分で申し込むのは初めて。非常に緊張しましたが、当時住んでいた東京でピアノのレッスンを申し込みました。これが私の社会人での初めてのピアノレッスンです。東京生活は1年にも満たなかったので、結局その時のピアノの先生には半年程度しか従事しませんでしたが、非常にお世話になりました。十年ぶりに発表会にも出ました。その時はベートーベンの悲愴2楽章を演奏させて頂きました。(かなりボロボロでした…)また、その発表会の時に頂いた、小さいグラスは今でも私が日本酒を飲むときに使用しています。本当にいい想い出です。

その後、転勤で大阪に戻ってきたのですが、またしばらくピアノとは遠ざかりました。長期出張が頻繁に重なったためです。
出張がしばらく落ち着いてから、私は大阪でピアノ教室に通い始めました。この時の教室が社会人になって2つめの教室です。この先生にも非常にお世話になりました。この教室でも発表会に出演させて頂きました。この時はラフマニノフの鐘を演奏させて頂きました。(この時も途中からボロボロでした。しかも、トリの前に演奏させて頂いたのに…)

この後、こちらのピアノ教室は一度転勤で辞めることになりました。一度というのは、後に、転勤から戻ってきて再度半年ほどお世話になったからです。しかし、結局半年で辞めることとなりました。なぜか。仕事が非常に多忙になったためです。当時(2年半前)の私にはまったく余裕がありませんでした。今、改めて思い出しても、本当に厳しい状況だったと思います。この時も私は非常に失礼な辞め方をしたと思っています。電話で会話はさせて頂きましたが、直接お会いしていません。もう、本当に私という人間は様々な場面でいろいろな方にご迷惑をおかけしており、最低の極みだと自信でも認識しているのですが、本当にこの当時はどうしようもない状態だったのです。(精神的にも)もちろん、それは言い訳にはなりませんが。

4度目。先週2年半ぶりに4つ目のピアノ教室に通うことになりました。私は半年前に転職し、今回の会社では転勤がないことと、業務にも余裕があるので、以前よりそろそろピアノを再開したいという思いがありました。教室はいろいろと迷った末、最も近所の教室に通うことにしました。この辺りの教室を選んだいきさつは別途書きたいと思います。

斯くして、先週に体験レッスン後にそのまま入会しました。この教室で初めて練習する曲は「ショパン ワルツ10番 op.69-2」です。若干曲選びに失敗したとか思ってます
今は以前と違って、練習時間も確保できるので、1日1時間(飲みに行った日を除いて)を目安に継続して練習していきたいと思います。レッスンに行った日はその日の日記も書いていこうと思います。