6/19(日)に大阪城ホールにプロレス観戦に行ってきました。1年ぶりくらい。

実はまったくプロレスファンでもないんですが、2年くらい前から前職の先輩にお誘い頂いて、5~6回くらいプロレス観に行ってます。
それまでは大学生の時に深夜番組で何度か見たレベルでした。

正直言って行くまでは「プロレスなんて八百長でしょ~。別に痛くもなくて、演技なんでしょ~」って思ってたんですけど、初めて観たときはビックリしました。

痛そう!メッチャ痛そう!バシバシ鳴ってるし、背中とか赤く腫れてるし…
身体能力もスゴイ高いです。クルクル回って飛んで飛んで、よくこんなに動けるな~って驚きます。さすがにおっきめの人は飛び回らないけど。

ちなみに年間を通したストーリーみたいなのがあって、どっちが勝つかは前までの試合を見てたら大体わかるらしいです。(先輩・後輩談)
で、試合が終わるタイミングも大体わかるみたいで、先輩と後輩が「ここで決まるな」って言ったところで大体終わります。
ショー的な側面のほうが強いな~って思いながら見てます。(失礼かもしんないけど)

去年も大阪城ホールで観戦して、その時は21年ぶりの大阪城ホールだったらしいんですが、1回開催すればそんなの関係ないんっすね…

今回はラダーマッチっていう、リングにぶら下げたベルトをどちらかが奪うまで戦い続けるっていうのがありました。
脚立に相手を投げつけて脚立は真っ二つに折れるわ、リングの下から新しい脚立引っ張り出してくるわで面白かったです。

花道(?)に置いてある脚立。シュール。

こんな感じで、どっちかがベルト取るまでやってた。
長すぎてちょっとぐだってたけど。

なにより、こうやって前職の人たちに呼んで頂けるのはありがたいな~と思いました。(といいつつ、同チームだった人たちとは一回もあってないんですが…)

あと、スマホのカメラはやっぱりショボいですわ。
特に暗いところとズームしたとき。おかげで、特に加工せずとも人の顔がぼやけてるんですけどね。(写真は念のため全体に緩いボカシを入れてます。)