パスとかタグとかカテゴリーとかその他変更した場合に「hexo server」でプレビューした場合は正しく表示されるのに、実際に記事生成したら消したはずの情報で生成されるのはキャッシュが原因なのでそれを消せばよいです。

Hexoのプロジェクト直下(_config.ymlとかがあるとこ)に「db.json」がファイルがあるのでそれを消して再度「hexo generate」で生成します。

単純にキャッシュだけ消したい場合は公式ドキュメントの「hexo clean」コマンドは実行せずに「db.json」だけ消したほうが良いです。
なぜなら、「hexo clean」を実行した場合、記事生成ディレクトリ(デフォルトの場合はpublic)が丸ごと消えてしまうので、public以下をgitで管理しているような場合はgitの履歴ごと全部消えてしまいます…(ゴミ箱にも残らず直行で消えます)

ワタシは泥酔していた時にドキュメントをよく読まずにcleanコマンドを実行してすべて消えました…(ドキュメントにはdb.jsonとpublicディレクトリが消える旨が書いてある)
使っててよかったGitHub。